第4回】Apery開発者、平岡拓也

プロ棋士と互角以上の戦いを繰り広げるまでに進化した将棋ソフト。不可能を可能にしてきた開発者たちの発想と苦悩、そして迎え撃つプロ棋士の矜持と戦略。天才たちの素顔と、互いのプライドを賭けた戦いの軌跡。今日までのコンピュータ将棋に関する最前線を追った『ドキュメント コンピュータ将棋』が3月25日発売予定です。本連載では、本書から特に電王戦FINAL出場者たちの素顔や想いの部分を抜粋して紹介していきます。

コンピュータ将棋の最前線を戦う天才たちに迫った一冊、3月25日発売!


ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ

 Apery(エイプリー)開発者の平岡拓也は1985年、東大阪市で生まれた。ponanza開発者の山本一成とは同学年である。将棋は4歳か5歳のときに覚えた。家が商店街の近くで、商店街のおじさんたちによく指してもらった。学校ではクラスの誰かが将棋を指し始めたのがきっかけで、しばしばブームになることがあるが、そうしたときはうれしかった。

 平岡の現在の実力は、将棋ウォーズでは三段。将棋倶楽部24では1級か初段。
「5歳からやってて、これは才能ないですね」(平岡)

 早石田や升田式石田流など、振り飛車が得意戦法だ。現在はチェスの対戦アプリの開発に携わった経験もあり、チェスも楽しんでいる。

 平岡はゲームも好きだった。中でもセガサターンやドリームキャストといったSEGAのゲーム機の先進性、技術性の高さに惹かれた。ゲームでは「シェンムー」にはまった。将棋のソフトには、あまり触れることがなかった。
 基本的に平岡は、スポーツ少年だった。小学時はサッカーとソフトボール。中学からは陸上競技に打ち込んだ。走っていれば死ぬほどしんどいが、目的があれば、そのしんどさがいやにはならなかった。
 高津高に進学した後も、陸上は続けた。1500メートルの自己ベストは4分22秒で、府大会出場にはあと少し及ばないレベルだった。近くには陸上の強豪校である清風高があった。彼らとは努力では埋まらない、圧倒的な差を感じた。

 高校卒業前には、大阪大や神戸大に進学した先輩たちに刺激を受けて、受験勉強を始めた。理系の方が受かりやすいと思った。2004年にはいちばん近所の国公立大である大阪市立大に進学した。工学部の情報学科が第一志望だったが、少し点数が足りずに、第二志望の応用物理学科に進んだ。
「あまり僕は、真面目に勉強するタイプではありませんでした」
 と平岡は笑う。多くの学生が卒業後は大学院に進学する学科だったが、平岡は早くから就職しようと決めていた。

 大学3年のとき、物理計算のため、C言語の授業があり、初めてそこでプログラミングを学んだ。教官が白板に書いている内容がほとんど意味がわからないまま、写経のように書き写していた。
 4年のときには、成績がよくなかったため、あまり人気のない理論系の研究室に所属することになった。そこではプログラミングをする機会がやや多かった。そしてプログラムを書くのは面白いと思いはじめた。結果的には、この経験が後で大きく役立つこととなる。

 2008年、大学卒業後は地元で、LSIなどを製作する半導体関連企業のメガチップスに就職した。仕事上プログラミングが必須となり、本格的に勉強を始めた。C++などの言語を学んだ。上司がプログラミングの達人でもあった。
 当時買ったノートパソコンは、いつでも持ち歩いて、筆記用具感覚で手軽に扱う。今でもプログラムはこのパソコンで書き続けている。既にいくつかのキーが取れてぼろぼろだ。

 Apery誕生

 仕事の必要上でプログラミングを始めた平岡は、サンプルのプログラムとして、まず簡単なオセロなどを参考にした。文法なども理解できるようになった。
 平岡もいつかは将棋のプログラムを書いてみたいと思っていた。そして2009年、Bonanzaのソースコードが公開された。多くの開発者と同様、平岡にとってもこれが大きなきっかけとなった。
 平岡は2011年のはじめから、本格的に将棋ソフトの開発に取り組みはじめた。わからないことが生じれば、ponanza開発者の山本一成に尋ねたりした。
 平岡は完成させたプログラムの名前を、「Apery」と名づけた。「猿真似」という意味だ。積極的に既存の優れた技術を取り入れたいという姿勢と、独自性、オリジナリティがないという自戒、自虐の意味を込めている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ドキュメント コンピュータ将棋

松本博文

プロ棋士と互角以上の戦いを繰り広げるまでに進化した将棋ソフト。不可能を可能にしてきた開発者たちの発想と苦悩、そして迎え撃つプロ棋士の矜持と戦略。天才たちの素顔と、互いのプライドを賭けた戦いの軌跡。今日までのコンピュータ将棋に関する最前...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Paul_Painleve 電王戦で敗れたものの強豪将棋ソフトAperyの意味は「猿まね」らしい(https://t.co/cVSeGj2MFN)。数学ならRoger Apéryを思い浮かべる。「ζ(3) が無理数である」ことを彼が証明したのは61歳の時である http://t.co/Ck2Cu4Q1sU 4年以上前 replyretweetfavorite

soymilkflake 平岡さんが高校の先輩であり部活の先輩でもあった偶然にびっくり。電王戦初戦は明日みたい!すごく面白そう! 4年以上前 replyretweetfavorite

soymilkflake 平岡さんが高校の先輩で部活の先輩でもあった事実にびっくり。電王戦初戦は明日みたい!何かすごく面白そう。 4年以上前 replyretweetfavorite

ginnan81 |ドキュメント コンピュータ将棋|松本博文|cakes https://t.co/UNH4o9PZkZ 【第5回】コンピュータ将棋界のニューヒーロー https://t.co/SqalDjdH0c #denousen #shogi 4年以上前 replyretweetfavorite