アメリカン・スナイパー』 イーストウッドはそれでもアメリカを信じている

これまで数々の映画評をcakesに書いてきた伊藤聡さんの人気連載「およそ120分の祝祭」が、今回からリニューアル! 話題作から知る人ぞ知る作品まで、伊藤さん独自の切り口で最新映画を取り上げていきます。第1回目に論じるのは『アメリカン・スナイパー』。84歳のクリント・イーストウッド監督のキャリアのなかでも最高の興行成績をはじきだしているという本作で、彼は「戦争」をどのように描いたのか? そこにはイーストウッドのとらえた「アメリカ」が映し出されていました。

『アメリカン・スナイパー』は、現在84歳の映画俳優/監督、クリント・イーストウッドの最新作であり、監督としての長いキャリアにおいて過去最高の興行成績を記録した作品である。主人公のモデルは、イラク戦争で米軍の狙撃兵として活躍した実在の男性、クリス・カイル。アメリカ海軍の特殊部隊(ネイビー・シールズ)に所属していた彼は、1.9km先の標的へ銃弾を命中させる驚異的なライフルの腕前であり、従軍期間中、米軍史上最多である160人の敵を射殺した伝説的存在だと言われている。クリス・カイルの自伝を元に製作された映画『アメリカン・スナイパー』は、優秀な狙撃兵として次々に敵を射殺していった主人公が、同時にひとりの男として家庭を持ち、いかによき夫、よき父であろうとしたかを並行して描く。

本作の大きな特徴は、およそ戦争映画のヒーローらしからぬ主人公を、あえて物語の中心に置いた構成だろう。イラクの紛争地域へ遠征し、狙撃兵の任務に就いた主人公は、激しい戦闘の影響から、しだいにアメリカ映画の主人公に不可欠な男らしさ、健全な明るさといった要素を失っていく。魂の抜けた存在、まるで亡霊のような男と変化する主人公。当初、いささか単純すぎる愛国心を胸に海軍へ入隊し、「911テロの張本人たちを退治する!」とばかりに意気揚々とイラクへ乗り込んだ主人公を待っていたのは、対戦車用の爆弾を抱えて米軍を攻撃しようとした子どもと母親をやむなく射殺するという、残酷な初任務であった。いつどこから攻撃されるかわからない不安定な状況下で、むごたらしく戦死していく仲間たち。イラクで剥きだしの現実に直面した主人公は、苦悩しつづけるほかない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RieDorji この映画お勧めです!戦争が如何に人間を内部から破壊していくかが見えます。 5年以上前 replyretweetfavorite

miyaan2010 |およそ120分の祝祭 最新映画レビュー|伊藤聡 @campintheair |cakes(ケイクス) 良い映画だった。 https://t.co/jZFssBz2iH 5年以上前 replyretweetfavorite

hirarisa_R 今週末にアメスパをみるかイミテーションゲームをみるか、それが問題だ https://t.co/YcHJI2c2fx 5年以上前 replyretweetfavorite