ケイクスカルチャー

冬休みは未来館へ 
あの”おねえさん”の動画 「フカシギの数え方」はこうなってる!

12月も半ばを過ぎて、もうすぐ今年も終わり。仕事納めして冬休みはどこへ行こうかな、なんて考えていませんか? そんな人にぴったりな、大人でも子どもでも親子一緒でも楽しめるスポットを、ジャーナリストのまつもとあつしさんにレポートしていただきました。今年夏ごろに話題になった”あの動画”、みなさんは覚えてらっしゃるでしょうか……?

職業としての物書きには禁じ手がいくつかある。手垢のついた表現はなるべく避ける、というのもその1つだ。だが、この日本科学未来館のユニークな展示については、「子供から大人まで楽しめる」という表現を使うことをお許し頂きたい。

まずは今年8月にネット上で大きな話題を呼んだYouTube動画、「フカシギの数え方」をここでみて欲しい。

;

正方形のマス目で、左上から右下への通り道は何通りあるか—縦横のマスの数が1増えるごとに、通り道の数は膨大に増えるが、決して数えるのを諦めないおねえさんはある種の狂気を感じさせる。

130万回近く再生されているこの動画。英語字幕がついていることもあり、おねえさんの狂気が伝わったのかわからないが世界中から視聴されているようだ。総当たりで数を数えると大変なことになってしまうということが、とてもよくわかるお話しになっている。壮大なエンディングを迎えてもなお、この動画のタイトルである「不可思議(フカシギ)」=(10の64乗)に達していないことに気がつき戦慄した筆者は、この動画と展示を企画した未来館の中の人に話を聞きに行った。


左が未来館の科学コミュニケーター鈴木真一朗氏、右が筆者。
なぜ畳の上でチェスなどを囲んでいるのかは、後ほど。

この動画と展示との関係や、おねえさんはどうすれば「組み合わせ爆発」から逃れることができたのかを語ってくれたのは、科学コミュニケーターの鈴木さんだ。

「組み合わせを数える」ってどういうこと?

鈴木さん自身、この動画の反響の大きさに驚いたようだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクスカルチャー

まつもとあつし

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません