渋谷区の「同性パートナーシップ制度」で、実は大切なこと

先日、東京都渋谷区が、全国で初めて同性のカップルに「結婚相当証明書」を発行する方針を発表しました。フランスで同性婚をした牧村朝子さんは、日本でこんな日が来たんだと、感慨深くてたまらない反面、実はこの制度がさまざまな問題をはらんでいることを指摘します。例えば証明書が発行された場合の、周りへの「カミングアウト」。今回は、パートナーが親にカミングアウトできないことに悩んでいる女性からの相談をご紹介します。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

渋谷区を皮切りとして、同性パートナーシップ制度にまつわる議論が高まっています。

……なんていう一文で何かを書き始められる日が本当に来るなんて。私もう、それだけで感慨深くてたまらないわ。本当に、本当に、本当にこんな日が来たんだ。嬉しいとも悲しいともつかない涙が、目を閉じるとただただあふれ出てきます。

まぶたの裏に浮かぶのよ。

老いた彼と引き離され、葬儀に出ることすら拒絶された男性たち。

女は男に養われる他なかった時代、手をとりあって心中した女学生たち。

本当の気持ちを押し殺して結婚した異性パートナーへの罪悪感に苦しむ人たち。

それから、「日本に帰りたいけど私に婚姻ビザは下りないね」と言った、私のフランス人の妻のことが。

でもね、ポエムってる場合じゃないのよね!

現実問題、考えなくちゃいけないことがまだまだたくさんあるわけです。

たとえば、カミングアウトの問題。

今後日本で、仮に何らかの同性パートナーシップ制度ができたとします。ですがそれを利用するということは、同時に「私のパートナーは同性です」と宣言することに他なりません。

そこで親兄弟や同僚から「同性愛者だったんだ……」という目で見られることを恐れ、制度を利用したくてもできない人が、今の日本の社会状況ではまだまだ少なくないでしょう。

私にもそういう経験があります。cakesで連載中のノンフィクション「ルネおじいちゃんと世界大戦」冒頭でもふれていますが、私の妻の祖父は90歳を超える高齢で、心臓を患っています。そんな祖父に「同性と結婚します」と言ったらショックで命に関わるかもしれないが、かといって祖父に黙って結婚することもできない。ということで、フランスでの同性婚法制化を前に、妻と私はずいぶん悩みました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uraya_su 素敵です。 https://t.co/zxY34LmNAB 4年以上前 replyretweetfavorite

cbwinwin カミングアウトが必要とされること=異性愛規範に閉じ込められている証 4年以上前 replyretweetfavorite

atoyakitori @aoi_sola 渋谷区の「同性パートナーシップ制度」 - cakes(ケイクス) https://t.co/VtEotVIXyZ 5 日前 - 先日、東京都渋谷区が、全国で初めて同性のカップルに「結婚相当証明書」を発行する方針を発表しました。 4年以上前 replyretweetfavorite

hal_31 これってすごく大事な考え方だと思う。 4年以上前 replyretweetfavorite