俳優・西島大介、SFに帰還しました(棒読み)

『凹村戦争』『アトモスフィア』『世界の終わりの魔法使い』『ディエンビエンフー』などで知られる漫画家の西島大介。彼が共同脚本を担当したアイドル×SF映画『世界の終わりのいずこねこ』が公開となった。俳優としても出演している西島に、『凹村戦争』の担当で、アイドルには何の興味もない編集部・塩澤がインタビューする。


『世界の終わりのいずこねこ』(2014/日/88分/新宿K's cinemaほか全国順次上映)監督:竹内道宏

『世界の終わりのいずこねこ』を観させていただきました。正直、思っていたよりずいぶん楽しめました。ミイケ先生の演技以外は。私自身、アイドルにはまったく興味がない人間なので事情がよくわからないのですが、まず西島さんがなぜこのプロジェクトに関わることになったのか、からお話しいただけますか?


西島 映画プロデューサーからの「この娘で映画を撮りたい」というご依頼です。脚本家経験もない僕になぜとも思いますが、現在広島に暮らし、IKKI休刊でマンガ連載もなく、暇にまかせ地元の映画館「横川シネマ」を趣味的に手伝っている僕の敷居が低いと判断したのかもしれません。

 アイドル「いずこねこ」について僕もほとんど知らないまま、企画はスタートしました。アイドルに関する仕事は、2011年にでんぱ組.incを輩出した秋葉原ディアステージのシャッターに描いたグラフィティ以来です。アイドルはみんな健全で病みもなく可愛いから、大好きです(棒読み)


—見終わったあとで脚本を読むと、確かに無駄なほど過剰にSF要素がちりばめられていることがわかります。いずこねこがあらゆる時空に存在できたり、『木星通信社』のネットワークはエイリアンによって作られたとか、あまり必要な設定とは思えない。


西島 プロットは西島が制作しましたが、脚本は監督の竹内道宏さんと共同作業で進めました。SF的な正しさを「腐ってもSF作家」(デビュー作『凹村戦争』は塩澤編集長のJコレクションからリリース)である僕は求めましたが、映画にとってそれが正しいとは限らない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

世界の終わりのいずこねこ』公開記念 西島大介インタビュー

西島大介

『凹村戦争』『アトモスフィア』『世界の終わりの魔法使い』『ディエンビエンフー』などで知られる漫画家の西島大介。彼が共同脚本を担当したアイドル×SF映画『世界の終わりのいずこねこ』が公開となった。俳優としても出演している西島に、『凹村戦...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

nzm 蒼波純もすばらしい、西島大介の棒読み演技もだんだんこれで正解のような気がしてくるから不思議w  俳優・西島大介の弁はcakes版SFマガジンで。 https://t.co/YQ4sJe53pd 2年以上前 replyretweetfavorite

DBP65 SF大会は基本ファンイベントなので、公式のタイムテーブルとかかなり怪しいです。ご参加される方は注意深くご確認ください。SF×アイドル映画について、参考になるインタビューこれ https://t.co/KI4bZgPXn4 2年以上前 replyretweetfavorite

DBP65 脚本へのお叱りは少ないけど、しかし演技については完全にご意見が割れてます(僕もどうかと思う)。俳優・西島への異議は、こちらのインタビューでSFマガジン編集長が全部つっこんでくれています。ぜひご一読を! https://t.co/KI4bZgPXn4 3年弱前 replyretweetfavorite

DBP65 @Cyd____ 鋭いす!ご意見ごもっとも、と、他ならぬ僕も思います。西島の演技(演技以下の何か)については、各方面からお叱りがきていますし、物語への指摘も鋭いと思います https://t.co/KI4bZgPXn4 3年弱前 replyretweetfavorite