レッド・マーズ』は現実になるか? 火星植民SFのリアリティ

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です!(週1回更新)

 前回書いたとおり、火星SFは幻想系とリアル系に大別されるわけですが、リアル系火星SF長篇の嚆矢は、アーサー・C・クラークが1952年に発表した『火星の砂』。これは、地球-火星間を結ぶ人類初の宇宙定期船アレース号に乗客第1号として搭乗したSF作家(その名もマーティン・ギブスン)が火星植民地を取材する話。

 なにしろ60年以上前に書かれた小説なので、タイプライターで書いた原稿を火星からファックスで送信したりするし、火星に山がなかったりする。とはいえ、当時としては最新の科学知識に基づき、できるかぎりリアルに書かれたハードSFだった。

アーサー・C・クラーク『火星の砂』(ハヤカワ文庫SF)

 ちなみに『火星の砂』が、はじめて《ハヤカワSFシリーズ》から邦訳刊行されたのは1961年のこと。このときは、以下のようなキャッチコピーがついていた。

 SF界の第一人者A・C・クラークが、その該博な知識と透徹した思索力とを総動員し、イギリス風のドライ・ヒューモアをまじえて描く現代SF随一の傑作。リアリスチックな宇宙船内の生活と、人類史上にかつてない労苦に耐えて火星植民地を維持し、火星を人類第二の故郷とするべく闘う人々の感動的な姿とは、やがて来る火星征服の日にも、読まれるだろう!

 この謳い文句のとおり、『火星の砂』は電子書籍化もされて半世紀後の現在も読まれつづけているが、 “火星征服の日” のほうも、ひょっとしたら意外と早くやってくるかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

htanigawa リアルでも妄想でも、面白けりゃなんでも構わないってのは、ダメなんかしら? 5年弱前 replyretweetfavorite

nzm 更新しました。 cakes版SFマガジンの連載は火星SFの話その2。 https://t.co/21UIH32946 WEB本の雑誌の連載は、11年の活動を締めくくる3/3のBerryz工房ラストコンサート2015@武道館の話です。 http://t.co/dD8ehsATXt 5年弱前 replyretweetfavorite