My Humanity』日本SF大賞受賞 人生の10年、SFと向き合うということ

『あなたのための物語』『BEATLESS』などの長篇で、現代日本SF最注目の作家・長谷敏司氏。このたび全4篇収録の短篇集『My Humanity』で、藤井太洋氏『オービタル・クラウド』とならんで第35回日本SF大賞を受賞しました。長谷氏が29歳から39歳までの10年間に書かれた4篇の執筆動機を詳細に明かすことで、「SFを書く」という人生について語ります。


『My Humanity』ハヤカワ文庫JA カバーイラスト:usi

 このたびは『My Humanity』で第35回日本SF大賞をいただき、ありがとうございます。

 S-Fマガジンからお話いただき、執筆当時のメモを読み直しつつ解題記事を書かせていただきました。
 これはどうしても著者による自作語りになってしまうことではあります。なので、内容よりも、著者がどういう動機からスタートし、それが原稿としてどう結ばれたかを書くことにしました。
 読み方を狭めるものではなく、同じときを生きるひとつのhumanityがどのように小説を組み立てていったのか、楽しんでいただければさいわいです。

『My Humanity』は、1作目の「地には豊穣」を執筆した29歳から、4作目「父たちの時間」の39歳まで、10年の経過がある短篇集です。
 各作品の動機をたどるため、執筆メモを読み返してみました。すると、変わった部分と変化のない部分が見えてくる興味深い体験ができました。

 まずはSFマガジン2003年7月号に掲載いただいた「地には豊穣」です。

□ 地には豊穣

 この小説は、はじめてSFをはっきりと意識して書いた小説でした。第1作目には作家の特徴が現れるといいますが、執筆メモを見返すと本当にそうでした。
 執筆手順が変わっていないためです。
 自分にとってどういう意味づけの小説かという「筆者と原稿の繋がり」を明確にすることが、いつも原稿作業の起点になります。執筆メモの3割くらいは、これを組み立てるために費やされています。

 このメモをとりながら、描くシーンやテーマを断片的に作っているのです。こうしたものを実際に組み込む方法やかたちを考えたものが、自分にとってのプロットです。
 手間はかかるのですが、この手順では、小説のさまざまな要素が自然と筆者自身に繋がります。なぜ書くのかという一つの問いから生まれたものなので、完成したときにもまとまりを期待できるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

日本SF大賞受賞『My Humanity』

長谷敏司

『あなたのための物語』『BEATLESS』などの長篇で、現代日本SF最注目の作家・長谷敏司氏。このたび全4篇収録の短篇集『My Humanity』で、藤井太洋氏『オービタル・クラウド』とならんで第35回日本SF大賞を受賞しました。長谷...もっと読む

関連キーワード

コメント

sagara1 なお、長谷敏司というあまりにも魅力的な「崖」については、例えば「allo,toi,toi」も収録されたがあったりも。登攀する方はぜひお供にどうぞ。 約3年前 replyretweetfavorite

hybrichi https://t.co/NddZRHHA7J 3年以上前 replyretweetfavorite

mlww_ え!長谷さんSF大賞とってたの!? 5年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 日本SF大賞受賞の著者が語る 5年以上前 replyretweetfavorite