GoogleはIngressで何をするつもりなのか?

日本でもブームになりつつある、位置情報ゲーム「Ingress(イングレス)」。現在イングレスを運営するグーグルは、このゲームを完全無料で提供しています。しかし、いずれどこかで収益を生み出さなければならないはず。今後グーグルは、イングレスでどのように収益化するのでしょうか? 今回はイングレスのビジネスとしての可能性について考えていきます。


前回、グーグルの運営する位置情報ゲーム「Ingress」が日本でブームになりつつあることと、その理由の1つに、日本では70年代から注目されてきた「都市の中に散在する意味ありげな存在」、すなわち都市の歴史的蓄積の痕跡への可視化があるのではないかというお話をしました。

現在、グーグルはこの壮大な仮想現実ゲームを、完全無料で提供しており、今後ユーザーへ課金する計画もアナウンスされていません。とはいえ、この調子で世界中のユーザー数が増えていけば、システム負荷も莫大なものになります。どこかで収益を生み出さなければなりません。

グーグルがイングレスをどのようにして収益化するのか、またそれがビジネスにどのように影響するのか、今回は少し考察してみたいと思います。

位置ゲーの収益は「店や交通機関への集客」?

イングレスは、携帯基地局やGPSなどによって得られる端末の位置情報を利用したゲーム、通称「位置ゲー」と呼ばれるカテゴリーに属します。

ほかにもさまざまな位置ゲーがありますが、有名なのは米Foursquareと日本の「コロニーのある生活」(コロプラ)でしょう。なかでもFoursquareは世界で5000万人以上のユーザーを抱える、世界最大の位置情報アプリです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaoru_mo https://t.co/v3v0412otx 4年以上前 replyretweetfavorite

R30 次は「Lawson PowerCube」が出ると予想w #ingress 4年以上前 replyretweetfavorite

R30 今回も#Ingress ネタですが、IoTとも絡めたビジネス展開を予想してみました。 4年以上前 replyretweetfavorite