SF文庫を600冊担当した編集者[後篇] 採録・大森望のSF喫茶

この春、『ソラリス』で通巻2000番を迎えるレーベル「ハヤカワ文庫SF」。〈SFマガジン〉の4月号では3号連続の大型特集「ハヤカワ文庫SF総解説」を開始し、この快挙を盛り上げています。ゲンロンカフェの人気講座「大森望のSF喫茶」でも1月29日、本企画と連動してSF編集者2名が登場。第2部では600冊近くにわたる文庫SFの編集に携わってきた込山博実氏とともに、「青背」の誕生から現在までを一気に辿ります。

—さて、込山さんは早川書房を定年退職されたあと、今も社外編集者として文庫SFを作っていらっしゃいますが、最近はいかがですか?

込山 ロバート・ブートナーの《孤児たちの軍隊》というのがまた、どういうわけかよく売れてしまって、続々と刊行が続いております。

—翻訳する作品はどうやって選ぶんですか? アメリカでもミリタリーSFはものすごく量が多いじゃないですか。それこそKindleダイレクト・パブリッシングとかでも個人出版のミリタリーものがたくさん出ていて、電子書籍で何万部も売れている本がいくつもあったりするなかで、どうやって選ぶのか。

込山 いや、もう自分で読むしかないです。外に出してリーディングをお願いするにしても、まずは最初の1、2章を自分で読んでみないと。つまらなくてすぐやめちゃったりもするし、面白くて最後までいっきに読み通せたら、絶対に出す。この1月に出たばかりのジェイ・アラン『真紅の戦場』も僕が自分で読んで、ああ、これはすごく面白い、売れるだろうと思って出した作品ですね。

—逆に、こんなに面白いのに全然売れなかった、というものはありますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
ハヤカワ文庫SFを創った人々

大森望

この春、スタニスワフ・レム『ソラリス』で通巻2000番をむかえるレーベル、ハヤカワ文庫SF。〈SFマガジン〉4月号では3号連続の大型特集企画「ハヤカワ文庫SF総解説」によりこの快挙を盛り上げています。 五反田ゲンロンカフェの人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thysh https://t.co/ZOyC1dqTq7 あ、『火星の人』は清水さんだったんだ。 5年弱前 replyretweetfavorite

kahn1972 「大航宙時代」は面白い。宇宙で必要なのは旨いコーヒーの入れ方とフリマでの立ち回りだと教えてくれる作品。 5年弱前 replyretweetfavorite

jdy_pq _φ( ̄ー ̄ ) メモってみる。 5年弱前 replyretweetfavorite