軽部アナの蝶ネクタイが教えてくれること

今回の武田砂鉄さんのコラムで取り上げるのは、フジテレビアナウンサー・軽部真一。アナウンサー、とはいっても映画祭に出演したり、自信が考案したカルビ定食を「カルベ定食」として発売したりと、その枠にとらわれない活動をしています。そんな軽部アナウンサーの生き方から、武田さんは日本企業のありかたを見出します。

軽部アナから日本的企業を考える

世間は軽部真一アナを軽んじている。語らなさすぎている。小太りの蝶ネクタイ、軽快な話法、そういったありきたりな理解で済まされているが、それだけでは彼の巧妙さを素通りしてしまう。盛者必衰のテレビの世界で、盛者になりすぎないことで必衰を避けて通る彼。組織に雇われているサラリーマンとしてこのポジションを維持するのは容易ではない。フジテレビの女子アナは、女子アナが記号的に嫌悪される場面で必ず標的となるが、とりわけ『めざましテレビ』の女子アナはその記号を進んで維持してきた。そんな彼女たちをとりまとめるでも振り払うでもなく、隣に佇みながら自らの主張を続ける軽部アナの存在を熟考することは、これからの日本的企業を考える上でも欠かせない。

「あ、鎖骨のキレイな愛ちゃん」

『めざましテレビ』を大塚範一が仕切っていた頃、頻繁に進行につまずく彼と、彼をフォローしながら軌道修正していく高島彩や加藤綾子らの構図は「役員と秘書」だった。ものまね芸人の山本高広は『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』で、「めざましテレビのオープニングで、余計な一言を言い、いやらしい笑い方をした時のメインキャスター大塚範一」と題し、「えーおはようございます、えー今日はとてもあたたかくてみなさん薄着なんですけどもね、あ、鎖骨のキレイな愛ちゃん、今日のお天気どうなんでしょう、いっひっひ」というモノマネを披露していた。しかし、このようにしてモノマネとして指摘されなければ気付かないほど、「役員と秘書」の間柄にイヤらしさはさほど顕在化しなかった。

求人誌の「明るい職場です!」が動画配信されている
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

p_mint 「理想の上司は?」とのアンケートを集計したところで、イチロー、堺雅人、池上彰といった非現実的な答えが並ぶのだから(中略)それよりも「上司にするなら、軽部真一? 三宅正治? 大塚範一?」のほうが、回答者の個性が見えやすい。http://t.co/rHt5OdmhSG 4年以上前 replyretweetfavorite

akishobo_eigyo 軽部さんしか無い! http://t.co/OZavz9ervS 4年以上前 replyretweetfavorite

katatumuri_walk いつもながら面白い^_^ 4年以上前 replyretweetfavorite

edokkoikidane 久しぶりにいい記事を読んだ気がする 4年以上前 replyretweetfavorite