SF文庫を600冊担当した編集者[前篇] 採録・大森望のSF喫茶

この春、『ソラリス』で通巻2000番を迎えるレーベル「ハヤカワ文庫SF」。〈SFマガジン〉の4月号では3号連続の大型特集「ハヤカワ文庫SF総解説」を開始し、この快挙を盛り上げています。ゲンロンカフェの人気講座「大森望のSF喫茶」でも1月29日、本企画と連動してSF編集者2名が登場。第2部では600冊近くにわたる文庫SFの編集に携わってきた込山博実氏とともに、「青背」の誕生から現在までを一気に辿ります。

—それでは、第2部に移りたいと思います。森さんが退社された翌年に、背表紙の青いハヤカワ文庫SF、いわゆる「青背」が始まりました。それまでのハヤカワ文庫SFは、本格SF路線の「銀背」、ハヤカワ・SF・シリーズに対して、娯楽SF路線をとっていたわけですが、銀背が出なくなったあと、その後継として青背が誕生したわけです。

込山 森さんがお辞めになった、次の年ぐらいに終わりになったんでしたっけね。

—店頭にはずっとありましたけど、新刊は1974年11月のハリイ・ハリスン『殺意の惑星』が最後ですね。だから、青背は、背表紙の白い従来のハヤカワ文庫SF(白背)と区別するために背の色を変えて、イラストも口絵も入れないことにした。白背は白背で口絵・挿絵入りで娯楽路線を継続するけれど、ハヤカワ・SF・シリーズの文庫化とか、本格SF的なものは青背で出すというふうに、2つの系統が並立することになったんですね。

その青背の最初の1冊が、カート・ヴォネガット・ジュニアの『プレイヤー・ピアノ』で、番号は172番、1975年10月の刊行です。ちょうどこの時期は、同時代の本格SFの翻訳刊行が滞り気味で、海外SFマニアの間では、翻訳SF暗黒時代みたいに言われていました。その後、1978年に海外SFノヴェルズとサンリオSF文庫が相次いで創刊されて、状況が一変するわけですが。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
ハヤカワ文庫SFを創った人々

大森望

この春、スタニスワフ・レム『ソラリス』で通巻2000番をむかえるレーベル、ハヤカワ文庫SF。〈SFマガジン〉4月号では3号連続の大型特集企画「ハヤカワ文庫SF総解説」によりこの快挙を盛り上げています。 五反田ゲンロンカフェの人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

korenkan ブックマークしてあった。 3年以上前 replyretweetfavorite

isozakiai 「青背の最初の1冊が、カート・ヴォネガット・ジュニアの『プレイヤー・ピアノ』」そうなんだ。《銀河の荒鷲シーフォート》96年か! 表紙とかイロイロ懐かしい~ / #SF 5年弱前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo さて、今日はcakes版SFマガジンが更新されているようです。 5年弱前 replyretweetfavorite