曽野綾子女史のオムツを替えてくれる介護人は多分いない

2月11日に産経新聞朝刊に掲載された作家・曽野綾子さんのコラムが、介護職を軽視したりアパルトヘイトを容認しているような内容であったため、ネットで大炎上しました。May_Romaさんが、読んでいない人でも分かるように内容を超訳し、「アパルトヘイト」と「介護」について解説を加えながら、コラムに対して猛抗議します。

曽野綾子コラム、海外の反応は?

曽野綾子女史が産經新聞に掲載したコラムがゲスすぎて大炎上いたしました。

曽野綾子さんの産経新聞コラムがゲスすぎて大炎上

このゲスの極みのようなコラムを読んでいない方のために、以下超訳しました。

・介護する人が足りなくなるからガイジンを入れるといいわ。介護はね、婆さんに何を食べるかなんて聞ける日本語ができれば何とかなるの。だからその辺の娘さんでOKよ! でもあくまで移民だからいろいろ制限するべきよね♡

・異人種が同じ地区とか建物に住むともめるから大変なので、各自隔離された場所に住んだ方がいいわ。仕事は一緒にできても同じ場所に住むのは大変!

・特に黒人は家族が多いしマンションに大人数で呼び寄せるから超面倒なの! アジア人と違うのよ。黒人が増えると白人が出て行くのよ♡

いやあ、あまりにも身勝手で、何度読んでもすごいですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tmrmt 古いネタだがめいろま師のキレ味に敬意を表して: 4年以上前 replyretweetfavorite

makoratti 多分、直接ケアする人に優しいのはメイロマさんより曽野さんのほうなんだろうけどね。。> 4年以上前 replyretweetfavorite

restart20141201 曽野さんの意見、ごもっともなんですが。 「世界のどこでも生きていける」とのたまう ず太いゲス筆者と違い、フツーの住民にとって外人はガイジン。 |世界のどこでも生きられる https://t.co/2oXYYAJFPs 4年以上前 replyretweetfavorite