電気サーカス 第15回

電話回線とテレホーダイでネットに接続していた時代。『テキストサイト』をはじめた“僕”は、サイトを通じて知り合った宇見戸に誘われ、オフ会に参加。そこで女子中学生の“増岡”と出会い、彼女の気ままな行動に振り回されてしまう。

「何言ってるんだよ。酔いすぎじゃないのか? さっぱり意味がわからない。大体さ、自分の部屋じゃないってことは、誰の部屋なんだよ?」
 訊ねると、増岡は露骨に動揺して、
「……なんというか、あの、知ってる人のアパートの鍵です」
「友達? いや、そうじゃなさそうだな。じゃあ彼氏か何かかよ。だったら、もっと大事にしなくちゃ駄目だろう」
「ち、違います。彼氏じゃないです。あの、年上の、男の人ですけど、でも私はこんなのいらないんです。どうせ行かないし。向こうは勝手に私の部屋に来るけど……ああ、そうじゃなくて! もうっ! どうして、こんなものを持ってなくちゃいけないの」
 増岡がもう一度投げつけると、キーホルダーは今度はクサノの足下まで転がって、彼が不審げに拾い上げる。
「これ、増岡の鍵? それともミズヤグチさんのですか?」
 そう訊ねられても、増岡はむっつり唇を閉ざしてしまって返事をしない。
「あ、彼女のです。こっちにください」
 かわりに僕が受け取ってはみたものの、また投げ捨てられてはたまらない。今度は手渡すのではなく、彼女のバッグのファスナーを勝手に開けて、そのなかに放り込んだ。そして、元通りファスナーを閉じる僕を、増岡は恨めしそうに眺めていた。
 午後十一時を過ぎる頃、宴はお開きとなり、僕達は店を出た。会計は、前もって宣言していた通り宇見戸が支払ってくれる。何やらいい加減な言葉を喋る人だから、土壇場になって割り勘と言い出すのではないかと疑っていたのだけれど、一言もそんなことは言わなかった。そして僕らは来た時と同様に人混みを縫うようにして新宿駅まで移動する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊アスキー

この連載について

初回を読む
電気サーカス

唐辺葉介

まだ高速デジタル回線も24時間接続も普及しておらず、皆が電話回線とテレホーダイを使ってインターネットに接続していた時代。個人サイトで自己表現を試みる若者達がいた……。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード