人生を楽しくするには「複眼思考」を身につけよ

集めた情報から自分なりの「仮説」を組み立てるためには「シミュレーション能力」が必要なのだそうです。では、「シミュレーションする」というのは具体的にどのようなことをするのでしょうか? 世の中の様々な問題を学習する「よのなか科」の生みの親である藤原和博さんの新刊、『たった一度の人生を変える勉強をしよう』(朝日新聞出版)から内容の一部をcakesで公開していきます。

自分だけの「仮説」を導き出すために

なにかを考えるときには、「考えるための材料」が必要になる。

そしてよのなかに散らばっている「材料=情報」は、自分で探すしかない。

しっかりとアンテナを張って、足も使って、周りのみんなが見落とすくらい些細な情報に眼を向けられる観察力が欠かせない。

特に、常識を疑い、自分の考えを疑うくらいの「もうひとつの眼」を持つこと、つまり「複眼思考」が大切になる。

ここまでの話は、わかってもらえたと思う。

でも、そうやって集めた「材料=情報」は、まさにバラバラのレゴブロックのようなもの。なんのかたちにもなっていないよね。情報をたくさん持っていても、それを使いこなせなければ、意味がないんです。

じゃあ、どうするか?

そう、考えるんだよ。ブロックを眺め、手に取って、見比べる。頭のなかで右に左に動かしながら、組み合わせを考える。「このブロックを組み合わせていけば、こんな姿になるんじゃないか?」という設計図をつくっていく。最終的な「答え」じゃない。まずは設計図をつくるんだ。

ここでつくりあげる設計図のことを、「仮説」と呼ぶことにしよう。

いいかい? これ、大事なポイントだよ。

〝正解〞のない成熟社会で、ぼくらが導き出せるのは、あくまでも「仮説」にすぎない。その「仮説」を最終的な〝納得解〞にまでみがき上げる方法は、これからゆっくり学んでいく。まずは「観察」によって得られた材料から、ひとつの「仮説」を組み立てる方法を身につけよう。

たとえば、アイザック・ニュートン。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
たった一度の人生を変える勉強をしよう

藤原和博

暗記中心の「勉強」は、もはや役に立たない。では、かわりに何を学べばいいのか? 世の中の様々な問題を学習する「よのなか科」の生みの親である藤原和博さんが、中高生とその親のために書き下ろした新刊、『たった一度の人生を変える勉強をしよう』(...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません