金持ちの老人は日本を蝕む“ガン”なのか

オレオレ詐欺など老人を狙った詐欺、通称「老人喰い」。その被害は増えつづけ、2014年1~11月では498億7343万円にのぼっています。なぜ老人詐欺は増えつづけるのか。その担い手は誰なのか。cakesでは2月に刊行された鈴木大介著 『老人喰い』(ちくま新書)の中から抜粋し、毎週水曜に連載します。犯罪の深層をえぐり、社会の病を撃つ、迫真のルポをご覧ください。

金を持った高齢者と、金のない若者の国

 その異様な言葉に、一同は聞き入っていた。それは、仕込み要員のはずの来栖君もだ。人を騙して金を奪うプロである詐欺屋。それを束ねる店長格の毒川の言葉とは、とても思えない。その様子を見回すと、毒川は再びホワイトボードに向かい、大きな文字を書いた。

(1)貯蓄ゼロの人間を騙して無価値なものを200万円全額ローンで売る

(2)貯金2000万円の人間を騙して200万円を奪う

 そして、その文字をドンと拳で叩いて、続けた。

 「俺は、詐欺屋始めてもう何年も経つ。だけど、前の仕事みたいな罪悪感を感じたことは、ほとんどない。なぜなら、これは犯罪かもしれねえけど、最悪の犯罪じゃねえからだ。いいか? いま、詐欺でひとり騙して取る金の単価ってのは、200万円程度だ。お前らにとって200万円っていうのは、とんでもねえ額だろ? それ取られたら、首くくるかもしれねえ。生き死にの問題だろ? でも、詐欺で200万円取るのは、その日のうちに200万円用意してポンと払える余裕のある人間だ。そいつらは200万円取られて、悔しいかもしれないけど、そこに本気の痛みはねえ。それが即生き死にに関わるような人間じゃねえ。俺が詐欺で罪悪感を感じないのは、200万取っても痛くない人間を狙って、そいつらから奪ってるからだ。たとえこれが1000万でも2000万でも、それを払うことができて、取られてもさしてダメージを感じない奴から取ることに、俺は一切の罪悪感を感じない。お前ら、昼に研修でゴルフ場と工業団地見てきたろ? 思い出してほしい。平日の真っ昼間っからゴルフ場に高級車並べてたのは、どんな奴らだった? 俺らが詐欺で的にかけるのは、まさにそいつらだ」

 参加者の脳裏に、昼間に見てきたばかりの高級会員制ゴルフ場の駐車場がまざまざと甦った。あそこに置かれていた車を全部集めたら、いったいいくらになるだろう。1億、2億じゃ済まない。それだけの「財産」が、確かにあの山の中に作られたゴルフ場にはあったではないか。

 同じく聞き入っていた来栖君は、ここでハッとした。 「ゴルフ場の話」が出たら、仕込みの発動。そう事前の指示を受けていたからだ。手を挙げて、発言の許諾を得た。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
老人喰い—高齢者を狙う詐欺の正体

鈴木大介

オレオレ詐欺など老人を狙った詐欺、通称「老人喰い」。その被害は増えつづけ、2014年1~11月では498億7343万円にのぼっています。なぜ老人詐欺は増えつづけるのか。その担い手は誰なのか。cakesでは2月に刊行された鈴木大介著『老...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

umyu_myu この本、凄く気になるんだよね。倫理観から覆す研修で、徹底的に叩き込まれる❝俺たちは悪くない❞が、本当に怖い。 4年以上前 replyretweetfavorite

KeKKero あー、わかるわコレ。テロリスト育成とほぼ一緒のシステム。即ち「こんなオレ(世界)にしたクソ野郎はどいつだ?」理論。 4年以上前 replyretweetfavorite