火星SF新時代

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です!(週1回更新)

 ミステリーの世界に『このミステリーがすごい!』の年間ランキングがあるように、SFの世界にも『SFが読みたい!』というランキング本がありまして、毎年、100名を超えるSF関係者の投票によって、その年の「ベストSF」が決まる。

 過去の1位作品の一部は、cakes版SFマガジンでも公開されてますが(「2010年代のベストSFは?」)、2014年の「ベストSF」ランキングでダントツ1位を獲得したのは、アンディ・ウィアーのデビュー長篇『火星の人』。


アンディ・ウィアー『火星の人』(ハヤカワ文庫SF)

 時は近未来。主人公は、人類史上3度目の有人火星探査に参加した植物学者兼エンジニアのマーク。砂嵐で飛ばされたアンテナに直撃される事故に遭い、死んだものと思われて、たったひとり、火星に置き去りにされる。ハブと呼ばれる与圧ドームは無傷だし、物資もたっぷりあるから、当面、生命の危険はないものの、地球との連絡は絶たれ、次に人類が火星を訪れるのは4年後。それまでは独力で生き延びるしかない。かくして、 “火星版ロビンソン・クルーソー” とも評されるサバイバル劇が幕を開ける。

 食糧備蓄は1年分しかないので、あと3年分のカロリー源が必要—というわけで、前半のメインテーマは、なんとジャガイモ栽培。土作りから水の調達、細菌の世話などのディテールと、次々に立ちはだかる障害の克服過程がめちゃくちゃ面白い。

 途中からは、地球サイド(NASAとその関係者)の話も加わり、全世界の関心を集める壮大な救出ミッションが立ち上がる。

 本の帯には、 “赤い惑星で展開される『ゼロ・グラビティ』のリアル” の惹句が躍ってますが、どっちかというと、小惑星探査機はやぶさをめぐる迫真のドキュメンタリーがリアルな火星SFに転換された感じ? 必要以上に細かい描写に愛があふれる、究極のNASAマニア/宇宙オタク小説なのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ninetailsfox63 火星が流行中。 5年弱前 replyretweetfavorite

umyu_myu さすが大森さん!これを読んだら『火星の人』が読みたくなるはず!僕は「レッド・ライジング」も読みたいw 5年弱前 replyretweetfavorite