日本の文庫出版を変えた編集者[後篇] 採録・大森望のSF喫茶

この春、スタニスワフ・レム『ソラリス』で通巻2000番を迎えるレーベル「ハヤカワ文庫SF」。〈SFマガジン〉の4月号では3号連続の大型特集「ハヤカワ文庫SF総解説」を開始し、この快挙を盛り上げています。五反田ゲンロンカフェの人気シリーズ「大森望のSF喫茶」でも1月29日、この企画と連動する形でSF編集者2名が登場。第1部後篇では森氏の日本人作家との関わりと、あの大型シリーズの誕生秘話に迫ります。

—カバーを描かれた有名漫画家たちもそうでしたが、森さんは日本人のSF作家も、すでに他のジャンルの第一線でも活躍していた方々をたくさん起用されていますよね。先日亡くなられた平井和正さんもそうでした。半村良さんについても、森さんが再発掘されたとか。

 そうですね。半村良さんからは「自分を再生させてくれた」と言われました。「鳴かず飛ばずで小説家をやめようと思っていたとき、君が長篇を書かせてくれた」と。SFマガジンは毎年2月号が創刊記念号にあたるのですが、そこで日本人作家の特集をよく組むんです。1970年の2月号は私が2代目編集長になって初めての日本人作家特集号で、そのとき依頼した作家のひとりが半村さん。書いてきたのが「赤い酒場を訪れたまえ」という短篇でした。


〈SFマガジン〉1970年2月号目次。半村氏のほかにも、日本SFのオールスターが揃い踏み。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
ハヤカワ文庫SFを創った人々

大森望

この春、スタニスワフ・レム『ソラリス』で通巻2000番をむかえるレーベル、ハヤカワ文庫SF。〈SFマガジン〉4月号では3号連続の大型特集企画「ハヤカワ文庫SF総解説」によりこの快挙を盛り上げています。 五反田ゲンロンカフェの人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

se_sugar 1970年2月号のSFマガジン創刊記念増大号の目次が見られた。初めて買ったSFマガジンだった気がする。懐かしい。どれも,必死に読んだ気がする。https://t.co/umfAxYwMP6 #SFマガジン #SF読者クラブ https://t.co/2AEIv0UWMM 3日前 replyretweetfavorite

marumizog その②(cakesは会員登録が必要なんですが、6時間だけ誰でも読めるアドレスを発行できる) 3日前 replyretweetfavorite

_kobashi 平井和正、亡くなってたのか。 約2年前 replyretweetfavorite

kokada_jnet 自分は少年ウルフガイがあまり好きでなくて、アダルト派だった。ユーモア文学としてのSFに惹かれ続けていたことを再認識。>採録・大森望のSF喫茶| 5年弱前 replyretweetfavorite