雑誌の投稿で若い才能を発揮した女性たち

新しい時代は、無意識にその時代の空気を読み取るアンテナを持っている女性の出現によって示されます。出版黎明期に出現した平塚らいてうの大胆で自由奔放な素顔。そして、その才能にいち早く目をつけた夏目漱石。今回cakesに掲載されることになった連載『作家の誕生』で、出版市場の黎明期から三島由紀夫までの時代を描いた作家・猪瀬直樹さんに伺いました。(インタビュー:加藤貞顕 構成:大越裕)

川端康成が嫉妬した女子学生

— 前回伺った田山花袋みたいな話って、ネット上でもよく見かけますよね。普遍的な話なんだなあと感じました。

猪瀬 同時期に、神奈川県の藤沢に住んでいた内藤千代子という女子学生が、『ホネームーン(ハネムーン)』という小説を書いてデビューしています。彼女も『女学世界』に投稿を繰り返していて、15歳のときに「田舎住居(ずまい)の乙女日記」という文章が認められて、博文館からわずか18歳で出版できたんですね。それを読んだ同じく投稿少年の川端康成は、自分と同年代の女の子が先にデビューしたことにショックを受ける。その小説は、彼女の体験にもとづく「男女交際」の物語なんだけど、川端は当時、男子校で女性と口をきいたこともないから、異世界の話のように感じる。

— 都会の才能あふれる女の子が、自由に楽しく生きているのを、地方にいる鬱屈した青年が眺めているわけですね。その構図も、今のネット世界と似てますねえ。

猪瀬 彼女の小説の中に、「『文章世界』へ投稿を繰り返す中学生」という設定の男の子が出てくるんだけど、それがまるっきり川端なんだよね。作中で内藤千代子自身をモデルにしていると思われる少女が「お帰りあそばせっ」と挨拶すると、男の子は意識しすぎて返事できずに、自分の部屋に逃げていってしまうんだ。それを見た内藤千代子は、「ほんとに妙な方、若い女は悪魔の化身だと思っていられるのかしらん」とか書くんだよ。なんというか、純情な少年をからかって手玉にとる女の余裕を、すでに身につけているよね。自然に才能が発芽しているというかな。まあでも、内藤千代子も今では忘れられた作家の一人だから、そういう女性の多くは、若いときが才能のピークになってしまうことも多いんでしょうけどね。

— おもしろいなあ。時代の変化の予兆は、まず才能ある女性の出現によって示される、というのは現代にも言えるような気がします。インターネットの世界にも、次々に才能を感じる文章を書く、若い女性が出てきていますからね。

平塚らいてうが始めた日本女性初の「自由恋愛」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
作家の誕生』猪瀬直樹インタビュー

猪瀬直樹

出版不況が叫ばれている昨今、「本離れ」という言葉を耳にすることも増えました。しかし日本人は本当に本を求めていないのでしょうか? 出版業界はこの先衰退してしまうのでしょうか? 未来を見通すためには、過去を知る必要があります。今回cake...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

mitokotamanoi “@cakes_PR: 川端康成を嫉妬させた女学生、夏目漱石にインスピレーションを与えた平塚らいてう……新しい時代の空気をいち早く感じとるのは、いつも女性だった? http://t.co/k2APaW2Tfa /1”猪瀬さん、元気そう。よかった 4年弱前 replyretweetfavorite