chapter4-2 チームワーク

新しい相棒とのコンビプレイがはじまった。お互いに連携しながら獲物を追い込んでいく。

「うーん、どうしようかな……」Bクラスの女が迷っている素振りを見せた。

「私たち、あっちのお店に行こうとしてて……」

 こっちの女は限りなくAに近いBだ。

「ここで会ったのも何かの縁ですし、いっしょに行きましょう」と勇太が説得を試みる。

「それじゃあ、10分だけいっしょにビールでも飲まない? そっちのお店で」

 僕はタイムコンストレイントメソッドを使って押してみた。

「わかった。じゃあ、10分だけね」

 こうして、あっさりと狙いのふたり組をつかまえた。


 店に着いて、テーブルに座ると、僕たちはいつものように安い酒で乾杯し、他の女たちにした話とほとんど同じようなことをまた話した。ふたりともおそらく20代後半で、OLをしていた。名前は奈菜(B+)と仁美(B-)だった。

 しばらく飲んでいると、僕たち4人はかなり酔っ払ってきた。もはや僕の興味は、連絡先をゲットして何とか別の日にデートに誘い出すのではなく、奈菜をこのままどこかに連れ出すことに移っていた。

「せっかくお酒が飲み放題なんで、みんなで山手線ゲームでもしませんか?」

 勇太はよくできる後輩だ。

「え〜、学生みたい」仁美が口では拒絶しながらも、少し嬉しそうにしているのを僕は見逃さなかった。ここは考える時間を与えずに、すぐさま山手線ゲームをはじめてしまうのが正しい戦略だ。

「はい、じゃあ、勇太からはじまる♪ イェイ! 山手線ゲーム♪」僕はギアチャンジしてテンションを上げた。「イェイ! お題は?」

「じゃあ、魚の名前!」勇太がお題を決定し、僕はパンパンと手を叩く。何度も勇太とリハーサルしたパターンだ。日本有数の漁港がいくつもある宮城県出身の勇太と、静岡県出身の僕が、魚の名前で負けるわけはない。僕たちは、獲物をまんまと罠の近くにおびき出すことに成功した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。 ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Fujisawa_bot 毎週木曜日のルーティングとなっている。> 約2年前 replyretweetfavorite

Fujisawa_bot 恋愛工学が解き明かす愛の物語 約2年前 replyretweetfavorite

new_marke ワタナベさんスキルアップやばいwww 約2年前 replyretweetfavorite

kuniken_817 毎週木曜日のルーティングとなっている。> 約2年前 replyretweetfavorite