それでも僕は、外科医をやめない

医者が病気にかかったら?〜南極大陸のお医者さん〜

今回の雨月先生は、医者がもしも病気になったら?という疑問から、過去に自分で自分を手術してしまったトンデモ医者について語ります。とはいえ、このお医者さん、どうにものっぴきならない事情があったようで……。それでは、雨月メッツェンバウム次郎先生のコラムをお楽しみください。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

※今回は少しリアルな手術中の写真があるので、苦手な方はお気をつけ下さい。

今年ももう2ヶ月が終わりました。厳冬は過ぎ、梅の香りが啓蟄の近づきを教えてくれます。和食屋さんでは「ふき」や「竹の子」をいただきました。

2015年という年の1/6が終わった、16.7%が終わったと思うと時間の経つのは速いな、と思います。この2ヶ月で私は40件ほど手術をしました。一件一件は必死ですが、もうこんなに手術をしたのか、と驚きます。

さて今回は、そんな手術のお話を。皆さんは、もしも医者が病気になったとき、どうするか知っていますか? 重い症状の場合は、他の医者に診てもらうことになるのですが、他の医者がいない場合は……。

自分で自分の体を手術してしまったとんでもないお医者さん」のお話を致しましょう。

「医者の不養生」とはよく言ったもので、お医者さんって実は不健康な人が多いんですよ。一般の人よりも、病気を持っていたり早死にする人は多い印象があります。

しかも特に自分の健康を棚に上げる医者はとっても多く、患者さんに禁煙を強く勧めるヘビースモーカー医もいるし、「アンタ痩せなきゃ死んじゃうよ!」という100kg超えのデブ医もいます。
でも、「医者は自分で診断も出来るし、自分に薬を処方すればいいから手遅れにもならないし、ラクなんじゃない?」とお思いの方も多くいらっしゃいます。

まあ確かにちょっと胃が痛かったり、めまいだったり、お腹を壊したくらいでは医者にはかかりません。やっぱり自分の症状や経過から、大体の診断はつくからです。

でも、手術が必要になるような病気や、自分の専門外の疾患になると、もう完全にお手上げです。もう全て主治医におまかせ、「まな板の上の鯉」です。医者って、自分の専門のことしかわからないんですね。

では、他の医者がいない、特殊な状況下で病気にかかったらどうでしょう?
しかも、手術が必要な病状だとしたら………。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ugetsujiro cakes連載第11回目は「」と題して、自分で自分のお腹をあけて手術したリアルブラックジャックなロシア人医師のお話。外科医の間でも知られていないお話です! https://t.co/Zx7DZcrDjU 5年弱前 replyretweetfavorite

june627 |それでも僕は、外科医をやめない https://t.co/UuchKYwx0x 自分で盲腸の手術とかつらすぎるな・・・。BJでそんなのあったっけ 5年弱前 replyretweetfavorite

3rd_hole ありそうだけど、実はあったんだ! 5年弱前 replyretweetfavorite

fka_shanghai これは凄い。自分で盲腸手術した医者の話。リアルBJ!! 5年弱前 replyretweetfavorite