より良い最期を送るために必要な「決断」とは?

日韓で50万部以上のベストセラーとなった『死ぬときに後悔すること25』(新潮文庫)の著者である、緩和医療医の大津秀一さん。cakesで同時掲載中の「死ぬまでに決断しておきたい10のこと」では、家族や仕事、お金のことなど人生後半を幸せに過ごすための選択について、具体的に解説しています。後篇では、大津さんが診療経験を通して気づいた、「より良い最期を送る方法」について伺っていきます。

「最期を誰かとどこで過ごすか」が、患者の容態を左右する

— 前篇のお話では、20代で当時最年少のホスピス医になった大津さんが、都内のクリニックへと「働く場所」を移されたところまでを、お伺いしました。都内のクリニックでは、在宅医療にも取り組んでいらっしゃったんですよね。

大津秀一さん(以下、大津) クリニックの入院患者さん、老人ホームの患者さんのほかに、自宅で終末期を過ごす方々への往診も行っていました。僕が驚いたのは、家で過ごしている患者さんの様子が本当に穏やかなことでした。たとえば、苦痛緩和に使用する薬剤の量も一般に、病院にいる患者さんよりも少なくてすむんです。いかに患者さんの状態が環境に左右されるのか、つまり最期を誰とどこで過ごすかが大切かを知りました。

(一般病院に勤務していた頃、初めて手に取った「緩和医療」の参考書。もう「最新」ではないが、今も大切に診察室の机の中に入れている。)

— その後、現在の職場である東邦大学大森病院緩和ケアセンターにお勤めになるわけですが、都内のクリニック→大学病院というコースは、珍しいのではないでしょうか。

大津 そうですね。医師のキャリアパスは、研修医→勤務医→開業医が一般的です。

— 大津さんは、医師としてやるべきことを踏まえて、ある種、戦略的に「働く場所」を選んでいらっしゃるように見えます。

大津 そういう側面はあるかもしれません。今は、大学病院で、緩和ケア外来を担当しながら、主治医とともに入院患者さんに対して緩和医療を行っています。というのは、先端の治療が中心である大学病院や大きな一般病院は、終末期の患者さんのQOL(Quality Of Life:生活の質)は必ずしも高いとは言えません。がんの終末期を病院で過ごすなら「ホスピス・緩和ケア病棟」がいいのですが、それらは数も限られていて、待ちも長い。治療終了後から探すと間に合わないことも多く、ホスピスや緩和ケア病棟で過ごせる人は、ある意味恵まれているといっても過言ではありません。
 高齢化による多死社会の到来を考えると、一般病院での終末期患者のQOLを可能な限りで上げて、多くの人が、より良い最期を迎えられるようにしていくしかないと思います。今は、その試行錯誤をしているところです。

— やはり、自宅で最期を迎えるのは難しいのでしょうか。

大津 以前は「こんな状態で家に帰したら、寿命が短くなるのではないか」という医療者もいました。しかし、僕は在宅医療に携わった経験から、多くの患者さんが在宅で家族と過ごすことにより、心身の状態が良くなることを知っています。最期は病院で迎えることになるとしても、それまでの時間を在宅で緩和ケアを行うことは十分に可能です。そのことが知られてゆくとともに、「家に帰す」という判断をする医師も増えてきました。ただし、全国的に見ると、地域差はまだあります。

— 最期をどのように過ごしたいのか、患者さんと十分に話し合うことも必要ですね。

大津 そのとおりです。僕が学んだように、緩和医療では、医療知識や技術だけでなく、患者さんと「話す」ことが、本当に大切なんです。抗がん剤治療について、生活において何に気を付けるべきか、最期はどこでどのように過ごしたいかなど、医師が患者さんの気持ちをよく聞いてあげることで、互いによりよい姿勢で治療に臨めると思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
死」を怖れていた僕が「看取り」を行うようになるまで—大津秀一インタビュー

大津秀一

日韓で50万部以上のベストセラーとなった『死ぬときに後悔すること25』(新潮文庫)。予見される多死社会に向けて、現代人に死生観を問う本の先駆けとなった本作の著者である大津秀一さんは、岐阜大学医学部を卒業後、内科専門研修を経て、日本最年...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

rtogai 後編では、大津さんの初めての教科書を紹介しています。 5年以上前 replyretweetfavorite