亡き夫の遺品から「浮気」の証拠—最期の身辺整理をいかにするべきか

家族や友人たちとの思い出のアルバム、大切な人からもらった手紙、長年集めた趣味の品々。誰にでも捨てたくないものがあります。でも、持ったまま死ぬことはできません。1,000人以上の死を看取った医師・大津秀一が、対照的な患者さんの事例を挙げ、人生後半において、身辺整理をいつにするべきかを考えます。

「自分の死」は突然やってくる

私は、『どんな病気でも後悔しない死に方』(角川SSC新書)という本で、がんや心疾患、脳血管疾患、認知症など、日本人の死因となる病気別に、終末期の病状について解説しています。ただし、実際のところ、「いつ死ぬのか」がわからない病気はたくさんあります。

がんの場合は、余命が数週間となると予測できることが多いのですが、それを迎える前に予測することは難しく、あくまで目安にしか過ぎません。死は突然やってくる可能性もあります。それでは、私たちは身の回りのものをいつ、どのように処分するべきでしょうか。

遺品から発覚したショッキングな出来事

山下さん(仮名)は、70歳の大腸がんの患者さんでした。緩和ケア病棟で治療を受けて、穏やかに亡くなりました。「大変な経過をたどる可能性もある」と聞かされていた奥さんも、望外に静かな最期であったことに胸をなで下ろしたのでした。

事件は、奥さんが遺品を整理している時に起きました。

段ボールの中から見つかったのは、奥さんとは違う女の人とのご主人の写真。それも一人ではありません。ずいぶんと昔、結婚した頃の若かった時分の写真があります(髪の量でわかったそうです)。名前もわからないA子さんとご主人は笑顔で写真におさまっています。

比較的、最近と思われる写真もありました。B子さん……ではありません、もう何子さんかわからないくらいアルファベットが進んでいます。

奥さんはがく然としました。「男は過去の恋愛を複数のフォルダで持ち、女は過去の恋愛を上書き保存する」という名言(?)を地で行くかのように、ご主人は律儀にもすべてのフォルダを上書きすることなく、大切にそれぞれのフォルダに保存し続けたのでした。

奥さんはまず驚き、悲しみ、怒り、そして「どうして?」という問いが頭の中を渦巻き続けました。

—どうして彼は、浮気をしたのか

—なぜこんなにたくさんの人と関係したのか

そして

—なぜこれらの証拠を消し去ってくれなかったのか

ご主人が余命を伝えられてからも、それらを処分する余裕はあったはずでした。

—思いつかなかったのか

—捨てられなかったのか

—まだ生きるだろうと思っていて、そのうち処分しようと思っていたのか

考えても考えてもわかりません。遺影の写真は、がんでやせる前の笑顔の良い写真を選んでいました。その笑顔を見ると、無性に腹が立ってきます。

「いったいどういうつもりなの?」

水でもかけたい気持ちに駆られるのです。

奥さんは本当にかわいそうです。死者に口なし。確かにご主人がなぜそうしたのか、奥さんはどうやっても知ることができません。あるのは黙って浮気をしていて、その証拠を律儀に取っておいた、という事実です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
死ぬまでに決断しておきたい10のこと

大津秀一

ひとは必ず死を迎えます。ところが誰も、自分が死ぬときのことは想像したくありません。さまざまな決断を先延ばしにして、生きているのです。ただし、実際に死ぬ間際になったら、ひとは驚くほど何もできない。そのときになってから、いかに多くのことを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chogiyo これはなかなか考えさせられる。 → 5年弱前 replyretweetfavorite

yumiko__do 「○○までにしたい○○○のこと」の氾濫にもやもやするけど、この< >の自分が亡くなる前に身辺整理をした60代の女性の気持はおこがましいけどわかる。 5年弱前 replyretweetfavorite