​タモリがサブカルチャーの教祖から譲り受けた4000枚のレコード

「タモリの地図」60歳編の2回目は、1960年代から70年代に人気を集めた評論家、そして日本のサブカルチャーの教祖ともいえる植草甚一とタモリの関係について。大学時代、一度だけ植草を見かけたことがあったという程度の関係だったタモリが、その膨大なコレクションのレコードを受け継ぐことになった理由とは?

終戦直後に生まれ古希を迎えた稀代の司会者の半生と、 敗戦から70年が経過した日本。
双方を重ね合わせることで、 あらためて戦後ニッポンの歩みを 検証・考察した、新感覚現代史!
まったくあたらしいタモリ本! タモリとは「日本の戦後」そのものだった!

タモリと戦後ニッポン(講談社現代新書)

60歳の地図—タモリは散歩とトリビアがすき 2

サブカルチャーの教祖が集めたレコード4000枚のゆくえ

映画評論を手始めに、ジャズや海外ミステリーなどに関する評論・雑文を多数手がけ、晩年にはサブカルチャーの教祖的な存在として若者の支持を集めた植草甚一。1979年12月に彼が71歳で亡くなったあとには、膨大な本やレコードのコレクションが遺された。

街へ出かけるたびにまとめ買いしていたという本やレコードは、植草が死ぬまで増え続け、生活スペースを侵食するほどだった。本人の自己申告によれば、1973年の時点で蔵書は約4万冊に達していた。この年、彼は東京・経堂の借家から駅前のマンションに夫人とともに引っ越したが、2DKの一室はすぐに本で満杯になり、すぐにべつの一室を借りざるをえなくなる。それでも収まりきらないので、一部は彼が多くの自著を出版していた晶文社の倉庫に運ばれたという(津野海太郎『したくないことはしない 植草甚一の青春』)。

植草の死後、この大量の蔵書をどうするかが編集者や友人たちの懸案となった。植草の書生のような存在だった高平哲郎によれば、遺品の整理によって残された夫人に1円でも多く渡るよう皆で腐心したという。それというのも、夫妻には子供がおらず、しかも生命保険に入っていなかったからだ。

けっきょく蔵書は、晶文社の編集者の津野海太郎が上司の小野二郎(英文学者)と植草の友人だった篠田一士はじめ(英文学者・文芸評論家)と相談してすべて売ることに決めた。著名人の蔵書はまとめて図書館などに寄贈されることもあるが、植草の場合はそのほとんどが雑本であり、一括してまとめて管理しても無意味だとの判断で市場に出すことになったのだ。このとき古本屋を手配してくれたのは作家の片岡義男だった。

このほか、植草が印刷物を切り抜いてつくったコラージュ類など遺品の多くは、イベント会社主催による「植草甚一展」でファンに売り出された。そこでは故人の使いかけのちびた鉛筆までもが販売されたという(高平哲郎『植草さんについて知っていることを話そう』)。

それでも4000枚近くあったレコードだけは散逸させたくないと高平哲郎は思った。そこで浮かんだのがタモリにまとめて買い取ってもらうというアイデアだ。タモリはこのときすでにテレビに引っ張りだこで、高平の周囲では一番の金持ちになっていた。

タモリと植草甚一の“距離感”
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載がついに書籍化!「森田一義」はいかにして「タモリ」になったのか。関係者への追加取材や大幅加筆でその足跡をさらに浮き彫りにします!

この連載について

初回を読む
タモリの地図—森田一義と歩く戦後史

近藤正高

2014年3月31日、『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を下ろしました。約32年間、毎日テレビに出続け今や国民的タレントになったタモリ。そんな「昼の顔」だけでなく、アングラ芸で身を起こし、深夜番組『タモリ倶楽部』で披露する「夜の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

donkou タモリ連載更新されました。タモリ、植草甚一のレコードを数百万円(推定)で買い取るの巻。 5年以上前 replyretweetfavorite

DADA21C タモリがサブカルチャーの教祖から譲り受けた4000枚のレコード | 5年以上前 replyretweetfavorite