集中できる環境のつくりかた

「人が変わる方法は三つしかない」と語った経営コンサルタントの大前研一さん。モチベーションは内から湧き出るものというイメージがありますが、実は自分の外の環境によって規定されるそう。「ゴースト暗算」を生み出した異色の教育家・岩波邦明さんが、モチベーションを上げるためにはどのように環境を変えるべきかお教えします。

人間は「決意」では変わらない

 モチベーションは自分の中から出てくる、というのが一般的な通念です。

 しかし私は、それはまったくの誤りだと考えています。

 自分自身のモチベーションに関していえば、自分の「中」よりも「外」の環境から規定される要素が非常に大きいといえるからです。

 経営コンサルタントの大前研一さんの有名な言葉に次のものがあります。

「人間が変わる方法は三つしかない。ひとつめは時間配分を変えること、二つめは住む場所を変えること、三つめはつきあう人を変えることだ。最も無意味なのが〝決意を新たにすること〟である。決意だけでは何も変わらない」

 ここに挙げられた三つの方法はどれも、自分の内面を変えようとするのではなく、外の環境を変えようとするものです。

「スケジュール」「場所」「人間関係」の見直しが大切であるとする一方で、一般的に自分の中からモチベーションを変革する必要が説かれるときにまず言われる「決意を新たにすること」が最も無意味だときっぱり断じています。

 本当に生産力とモチベーションを高めようとするなら、中から変えようとするより、自分の外に目を向ける必要があるのです。

環境の見直しは「机」から

 場所、すなわち環境を考えるなら、まず「机」が重要なポイントになります。

 仕事をするうえでも勉強をするうえでも、最も多くの時間を過ごす場所が机になることが多いからです。

 机の環境をどうするかは〝最も身近な外の環境〟です。机がどんな状態になっているかによってモチベーションが大きく変わるのは間違いありません。

 とくに自宅では、勉強をするにも持ち帰った仕事を行なうにも、机の状態次第でかなりの差が出ます。

 会社などとは違い、自宅であれば、机の配置や机の上の物の置き方などは自由にできるので、それによるプラスやマイナスは余計に大きくなります。

 外の環境が自分に影響を与えるルートは二つ、「視覚」と「聴覚」です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ゴースト暗算」を生んだ、東大医学部式・知的生産法

岩波邦明

シリーズで累計65万部を超えるベストセラーとなった「岩波メソッドゴースト暗算」という2ケタ×2ケタの独自の暗算方式を考案した、東大医学部出身の教育家・岩波邦明さん。岩波さんが実践する、短期間で最大限の成果を出すためのメソッドを公開。仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

spkspll 「人間が変わる方法は三つしかない。ひとつめは時間配分を変えること、二つめは住む場所を変えること、三つめはつきあう人を変えることだ。最も無意味なのが〝決意を新たにすること〟である。決意だけでは何も変わらない」…ですってよ、吉田さん。 https://t.co/AXjpflpDJS 2年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 「ゴースト暗算」を生んだ、東大医学部式・知的生産法 https://t.co/DM1bfVTvch 人間は「決意」では変わらない 2年以上前 replyretweetfavorite