行動を速くすれば時間はつくれる

知的生産力の三本柱「持ち時間」「集中に入る力」「集中を継続する力」で、最も重要になるのが「持ち時間」だそう。1日の持ち時間を増やすトレーニング法を、異色の教育家・岩波邦明さんがご紹介します! 速歩きがタイピングを速くするとはどういうことなのでしょうか。

「持ち時間」と「脳のクロックサイクル」

 知的生産力を高めるためには集中というファクターを重視するべきですが、それと同時に一日の持ち時間を増やすことを考えるべきです。

 これまで書いてきたように、集中に入ることと集中を継続することは日常の習慣の中で訓練できます。

 しかし、持ち時間を増やすためには、習慣そのものを変える必要があります。

 また、集中力を上げたいとは考えても、持ち時間を増やそうとはあまり考えないものなので、意外な死角となって放置されている場合が多いのです。

 だからこそ、そこを忘れず、しっかりと見直していく意味は大きいわけです。

 持ち時間を増やすことは、脳の働きとも大きく関わります。

 物理的な持ち時間を増やす(作業に充てられる時間を長くする)こと自体が大きな意味を持ちますが、脳のパフォーマンスを上げられたなら〝体感的な持ち時間〟も長くできます。そこが重要なポイントです。

「脳のクロックサイクル」という概念があります。

 クロックサイクルとはもともと、パソコンのCPUの演算速度を表す言葉ですが、それを応用した概念として〝脳の情報処理速度〟がこうした言葉で表現されます。

 脳機能学者の苫米地英人氏は「脳のクロックサイクルを速めることが、能力向上に有用である」と説いています。

 考え方や方法論はいろいろありますが、重要なのはいかに一日の持ち時間を増やすかです。

 これから紹介するメソッドによって、日常における行動のスピードを高めていけば、物理的な持ち時間を増やせるだけでなく、脳のクロックサイクルも速められるので、体感的な持ち時間も伸ばしていけます。

 知的生産力の三本柱は「持ち時間」「集中に入る力」「集中を継続する力」だということは最初に書きました。

 ここまでは「集中に入る力」「集中を継続する力」をフォーカスして解説してきましたが、この章では、全体の中でもっとも重要な要素といえる、持ち時間を増やす方法を紹介します。

行動の速度と量

 生産力を高めるためには、日常生活のすべてにおいて「速度をあげること」を習慣化する姿勢が重要になります。

 そもそも、誰もが一日二四時間という同じ時間を持っていながら、成果に差がついていくのはなぜでしょうか?

 そこを分ける大きな要因のひとつは、日常的なあらゆる行動の速い遅いにあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ゴースト暗算」を生んだ、東大医学部式・知的生産法

岩波邦明

シリーズで累計65万部を超えるベストセラーとなった「岩波メソッドゴースト暗算」という2ケタ×2ケタの独自の暗算方式を考案した、東大医学部出身の教育家・岩波邦明さん。岩波さんが実践する、短期間で最大限の成果を出すためのメソッドを公開。仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shzky 理屈的にはそうかもしれないけど私は早歩きで行動した日は家に戻るとクタクタです。ムリ~ http://t.co/RROTbuaWVh http://t.co/4Tx1TA6NkG 約5年前 replyretweetfavorite

K_copyright |「ゴースト暗算」を生んだ、東大医学部式・知的生産法|岩波邦明 @kuniaki_iwanami |cakes(ケイクス) 速歩きしようと思いました https://t.co/fwJrF3jn0E 約5年前 replyretweetfavorite