休憩」の取り方ひとつで、生産性は劇的に上がる

仕事の生産性を上げるためには、「休憩」も重要なポイントのひとつ。集中し過ぎると、ついついおろそかになりがちな「休憩」の方法、「休憩力」について、「ゴースト暗算」を生み出した異色の教育家・岩波邦明さんがお教えします。

見過ごしてはならない「休憩力」

 先を考えすぎず、立ち止まらないことが集中の持続につながります。

 その一方、気持ちが切れてしまうことをなくし、生産力を向上させていくために欠かせないのが「休憩」の効果的な利用です。

 休憩については深く考えられることはあまりなく、タイミングなども含めて好きなようにとればいいというくらいに見られがちです。しかし、そうした軽視が集中の継続力を奪ってしまうのです。

「休憩」とは技術であり、うまい休憩の取り方ができるようになるほど、高い生産力を得ることができます。

 たとえば、一日中休まず、朝から晩まで一〇時間、仕事をしたとします。この場合、「仕事をやった」という満足感は得られますが、ずっと集中は続かず、どこかでダラダラしてしまうなど、結果として五~六時間分ぐらいの仕事しかできていなかった、ということがよくあります。

 反面、うまく休憩を挟んでいけば、仕事をしているときの集中度が増します。そして、結果的に一〇時間分以上の仕事を終わらせられた、ということにつながります。

 後者のほうが疲れは少なく生産力が高まるのですから、いいことずくめです。

 うまく休憩を入れると、仕事をしている時間は短くても、仕事の〝濃度〟をぐんと高められるので、結果的には多くの仕事をこなすことができるのです。

 仕事と休憩はコインの表と裏のような関係であり、「休憩力」を鍛えることが、高い仕事効率を得るための秘訣にもなっています。

 かのナポレオン・ボナパルトは、休憩について次のような名言を残しています。

「人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である」

 スポーツの試合であれば、休憩時間に得点は入りません。しかし、人生という試合においては試合中(仕事中や勉強中)の得点だけを見ていればいいわけではありません。いかに休憩の時間を活かすことができたかによって、最終的な得点が大きく変わってくるのです。

 ナポレオンは一日に三時間しか睡眠をとらなかったなどといわれ、「休む間もなく行動していた人」というイメージが強くなっています。それでも実際は、休憩をうまく活用して、効率を最大化させるようにしていたということが本人の言葉から察せられます。

 士官学校時代には、通常の在籍期間が四年のところを、開校以来の最短記録となるわずか11か月で必要な課程をすべて修了して一六歳で卒業したというエピソードがあります。それにしても飛び抜けた要領の良さがあってこそ、なせた業なのでしょう。その11か月のあいだにもうまく休憩を活用していたはずです。

集中して作業ができているときこそ休憩を取るべき

 それでは、高い休憩力はどのようにすれば鍛えられるのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ゴースト暗算」を生んだ、東大医学部式・知的生産法

岩波邦明

シリーズで累計65万部を超えるベストセラーとなった「岩波メソッドゴースト暗算」という2ケタ×2ケタの独自の暗算方式を考案した、東大医学部出身の教育家・岩波邦明さん。岩波さんが実践する、短期間で最大限の成果を出すためのメソッドを公開。仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hutokai00 「人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である」by ナポレオン。なんか納得した。 5年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 休憩の取り方ひとつで、生産性は劇的に上がる https://t.co/glutSjZOx6 見過ごしてはならない休憩力 集中して作業ができているときこそ休憩を取るべき 休憩力を養うトレーニング方法 勉強中、作業中にこそ散歩する ジョブスもアインシュタインも散歩を愛した 5年以上前 replyretweetfavorite