最終回】漢方の真髄「整体観念」心と体はひとつながりだから、人生を楽しむことこそ薬である

「ココロと体はもともとひとつのものである」。漢方ではこの「整体観念」という考え方が大元になっています。体の変調は目に見えるものの、ココロの変調は目に見えずらいものです。そのため自分の心を知らず知らずのうちに傷つけてしまう、そこから体調を崩してしまう人も多いとか。漢方の知られざるサブカルチャー的な一面を紹介してくださった村上文崇先生が、大切にしていること。それは、ココロも体も良い状態に保つにはとにかく楽しむこと。みなさんもこうしなくてはいけない、こうであるべき、という考えをなくし、気持ちの赴くままにあらゆる物事をとことん楽しんでみてはいかがでしょうか。

「サブカル漢方」の連載は今回が最終回となりました。

漢方に興味を持っていただいた方々のために、最後に漢方の真髄とは何かについて書いておきたいと思います。

『本草図譜. 巻5-8』岩崎,灌園,他(国立国会図書館デジタルコレクションより)

こころと体を整える整体観念とは

漢方の大きな特徴として「整体観念せいたいかんねん」があります。

この言葉の射程範囲は広く、大きく言えば「人は森羅万象と一体だ」という意味になりますが、私が重視しているのは「ココロと体は不可分一体だ」という点です。

メンタル面のコンディションと体のコンディションが無関係ではないことは、皆さんも実感する場面があると思います。

例えば緊張するとおなかが痛くなるとか、カゼを引くとヤル気がなくなるとか、怒ると血圧が上がるなど、経験したことがある人も多いと思います。

『本草図譜. 巻57-59』岩崎常正(国立国会図書館デジタルコレクションより)

漢方の考えはさらに一般化されています。

ココロのコンディションは体のコンディションそのものなのです。ココロと体が別々にあって、一方が一方に影響を及ぼすというイメージではなく、もともと一体なのだという発想です。

ココロのコンディションは体のコンディションそのものですから、気分の良し悪しは陰陽、気血水、臓腑などのコンディションを反映しています。

陰陽、気血水、臓腑というのは、生命体のコンディションを左右する要素です。漢方は、これらの要素のバランスや状態によって、健康になったり病気になったりすると考えています。

気分がよいときは、陰陽、気血水、臓腑のコンディションもバランスが取れていると考えてよいのです。

気分がウツっぽかったら、それだけで漢方的には「不健康」です。そのような場合には、陰陽、気血水、臓腑のコンディションが、どこかおかしいはずだと考えます。

楽しみなさい、されば救われん!

この世にはタダでさえ気分を害する要素が「盛りだくさん」です。しかもココロは目に見えませんから、ココロを傷つけることに鈍感な人も多いときています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全

村上文崇

近年、すっかりメジャーな療法として知られるようになった漢方。生理痛や不眠症など、さまざまな症状に効く伝統的な東洋医学として認知されています。けれど漢方には、知られざるもう一つの顔があるそうで……。養生医学研究協会の会長にして、上海で現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaorutamako > "@cakes_PR: 『申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全』最終回!「ココロ」と「体」はひとつであるという整体観念から、漢方の真髄を考えます。 http://t.co/ickRKB8ez5 http://t.co/IxAXxUYLPT" 約5年前 replyretweetfavorite

h3301bs ほうほう 約5年前 replyretweetfavorite

miyaan2010 |申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全|村上文崇|cakes(ケイクス) オチが素晴らしかった。お疲れ様でした。 https://t.co/ItPjgwcl49 約5年前 replyretweetfavorite