ハヤカワ文庫SF総解説プレビュー②珍品篇

ハヤカワ文庫SF総解説プレビュー②珍品篇

SFマガジン2015年4月号(2月25日発売)にて掲載する「ハヤカワ文庫SF総解説 PART1[1~500]」。雑誌の発売に先駆け、ちょっとだけお見せします! 長い歴史のなかには「なんだこれ……?」みたいな珍品も存在します。今回は「珍品篇」として8本をチョイスしました。

79 1973年1月
永遠に生きる男
R・D・ミラー&アンナ・ハンガー
The Man Who Lived Forever,1956/関口幸男訳/カバー:斉藤寿夫/解説:梶原正也

 白背の中でも、なぜこれを翻訳することが決定したのか、今となってはよくわからないこときわまりない一作がこれ。本国では、エース・ダブルでジェリイ・ソールの長篇(未訳)と合本で出版されたというのだが。

 主人公がどうやって不老不死を得ているかが、物語のクライマックスを構成する謎なのだが、そのあまりにも50年代っぽい適当な疑似科学ぶりもすごいが、何よりも彼一人だけが不老不死であり公明正大な支配者であり続けている理由の、全くといっていいほど底抜けな説明には、頭が痛くなることうけあい。

 作者のミラーの著作は他に長篇一作といくつかの短篇、そして数冊のノンフィクションのみ。共作者のハンガーにいたってはこれ一本きりという点も、本作選出の不可解さに拍車をかけている観がある。(堺三保)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

ハヤカワ文庫SF総解説プレビュー②珍品篇

堺三保 /尾之上浩司 /横道仁志 /渡辺英樹 /牧眞司 /小山正 /coco /丸屋九兵衛

SFマガジン2015年4月号にて掲載する「ハヤカワ文庫SF総解説 PART1[1~500]」。雑誌の発売に先駆け、ちょっとだけお見せします!

関連記事

関連キーワード

コメント

Hayakawashobo ●ハヤカワ文庫SF総解説プレビュー ①名作篇 https://t.co/eRJAaLL6yN ②珍品篇 https://t.co/kVHOt918ZQ 9ヶ月前 replyretweetfavorite

QB_MARUYA 他作はともかく『炎の塔の剣士』は珍作と断言! 3年以上前 replyretweetfavorite

Jespa_ort シルヴァーバーグがボッコボコに叩かれててワロタ 3年以上前 replyretweetfavorite

ShindyMonkey 珍品って……。 ぼくはジョン・ブラナー『流れ星をつかまえろ』をレビューしています。「貧者の『都市と星』」などと書いておいて、いまさらですが、けっこう面白い作品ですよ。職人作家だったころのブラナーはもっと評価されていい。 https://t.co/5DmGZopDbl 3年以上前 replyretweetfavorite