ファンタジー作品をつくってきたからこそわかる、『テンプリズム』の可能性

主人公が強すぎる、敵にも道理がある……『テンプリズム』はファンタジーの文脈から見ると異質な作品だと話すのは、ファンタジーRPGを多数手がけてきたゲーム業界の名プロデューサー2人。曽田作品の大ファンであるスクウェア・エニックスの安藤武博さんとDeNAの渡部辰城さんが、作者の曽田正人さんと『テンプリズム』に隠された魅力を、クリエイター目線で紐解いていきます。

自分の天邪鬼な性格を自分で利用した!?

安藤武博(以下、安藤) 『テンプリズム』(※1)はだんだん、最終戦争後の世界が描かれているんだとわかってきますよね。前の文明がすごいテクノロジーを持っていて、その一部を違うかたちで再興していくという設定は、昔からあるじゃないですか。『未来少年コナン』もそうですし。

※1 現在連載中の曽田正人先生の新作。創世記以来の歴史を誇るも、骨(グウ)の国の侵略を受けて滅亡したカラン王国。その再興の願いを託された王子ツナシの冒険を描く

曽田正人(以下、曽田) 『風の谷のナウシカ』もそうですね。

安藤 これって、テーマとしてすごく色気があるんですよね。ロールプレイングゲーム(RPG)をつくるときも、最終戦争後の世界を設定することはあります。なぜ色気があるのかなと考えたのですが、たぶん、テクノロジーの良さと、テクノロジーが出てくる前の人間の良さを、ミックスできるからなのかなと。

曽田 なるほど。

安藤 現代はもう、テクノロジーが進みすぎているんじゃないかな、と思います。僕は、部下が凡ミスをやらかしたり、精神的にまいってそうだったりするときに、3つのことを言うんです。1日の中で必ず静かな時間を持ちなさい、暇にしなさい、薄味のものを食べなさい。これ、中国の古典の『菜根譚』に載ってる話なんですよね(笑)。

曽田 ゲームプロデューサーが『菜根譚』の話をするとは思いませんでした(笑)。

安藤 この3つは人が豊かな心で生きる上ですごく大事なことなのに、それらを邪魔するようにテクノロジーが発達してる。だから、テクノロジーが発展しすぎて失われた人間のいいところを取り入れるために、最終戦争で一度みんななくなってしまったことにする。その設定は有効なんですよね。

曽田 僕はファンタジー作品に取り組む上で、完全にゼロから世界観をつくるのは難しいだろうなと思ったんです。でも今回は、これまでにみたいにバレエやモータースポーツなど、既存の世界のお世話になるのはやめようと思っていた。そこで人類の歴史をお手本にして、それをアレンジしてみようと思いました。そうすれば今のテクノロジーをモデルにしながら、現代とは微妙に違う幻想的な世界観をつくれるかなと。それで、一度すべて壊れたけれど、それをもう一度掘り起こして再現しようとする国を描くことにしたんです。

渡部辰城(以下、渡部) それが骨(グウ)の国なんですね。

曽田 そしてバトルの物語。バトルが描ければ時代がテクノロジーの前でもあとでも設定は何でもよかったというのが本音です。闘いは双方、生き方のエッセンスがより色濃く抽出できるから生命のやり取りの話にしようと。これは『め組の大吾』の経験からです。『め組』と違うのは闘う相手も人間だということ。どっちの側に立っても「それは闘わざるを得ないな」と自分で思える物語にしたかった。ツナシたちの弁護士もやって、骨の国の顧問もして、目線さえ切り替えれば即、どっちも支持できるようになろうと。自分としては実は骨の国への理解の方が早かったのです。そして今、骨の国を描いている。すると今度は骨の国に抵抗している側を猛烈に応援したくなる。自分の天邪鬼な性格を自分で利用したとも言える創り方です(笑)。これがこの作品を描いていて楽しいところです。

安藤 骨の国の外に出た人達に対する、言い分を考えようと。

曽田 だけど、僕自身がまだ骨の国の住人っぽい考え方をしているので、うまく弁護しきれない(笑)。だから一度がっつり骨の国にフォーカスして描いてみて、良さも悪さもわかった上で、外にいる人の言い分を考えたいと思っています。

「彼女にしたい女の子」はファンタジーの必須キャラ

曽田 あと、テーマとしては恋愛を取り入れたいなと思っていて。文明がどうなるのかという固い話も、恋愛という切り口をもってくると、また新しい展開が考えられるんですよね。

渡部 女性キャラのニキ・メノンってめちゃくちゃかわいいですよね。僕すごくニキが好きで。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

本棚は人を表す、といいます。本連載は、さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人のもつ本棚、読書遍歴、本に対する考え方などからひも解いていこうという試み。本がいまの自分をつくったという人から、ほとんど本を読まない人の本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masa_shoji 最新記事、公開!! |[今なら無料!]プロフェッショナルの思考やつくられ方を、本棚や読書遍歴から探る!|ホンシェルジュ 5年以上前 replyretweetfavorite