母音を制する者は発音を制するのだ!(後編)

今日は長母音を勉強しましょう。長母音といっても、別に「エー」と音の長さを伸ばすわけではありません。短母音と長母音の発音の要領は、被っていることころも多いですが、異なる点がたくさんあります。今日はそのあたりを見てみましょう。

 先週は英語の発音の基礎の基礎となる、短母音の発音方法について説明しました。今週はこれに続いて、長母音(Long vowel)の発音方法について学習しましょう。英語の発音の肝は、母音の正確な発音とシラブル(音節)の正しい把握です。そんなわけで今週も引き続き、母音の発音方法についておさらいしてみましょう。

長母音といっても、別に長く発音するわけではない
 さて、長母音といっても、別に音を長く発するわけではありません。短母音と長母音は発音の仕方そのものがまるで違うのです。例えば A は短母音だと「ア」という感じですが、長母音だと「エイ」という感じで、発する音そのものが全く違います。  前回、「エイ」「ビー」「シー」という呼び方は、あくまでアルファベットの名前であって音ではない、という話をしましたが、長母音の音に限って言えば、発音がそのままアルファベットの名前と同じなのです。ですから、Aは「エイ」だし、Eは「イー」、I は「アイ」、 Oは「オウ」、U は「ユウ」となるわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Matsuhiro ケエイクス、って感じです。@psy10de ケィクス!って感じ? 4年以上前 replyretweetfavorite

psy10de ケィクス!って感じ? 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro 母音の続きです。今週は長母音の話。 4年以上前 replyretweetfavorite