SF BOOK SCOPE

こちら》と《あちら》の線上で—ディレイニー『ドリフトグラス』

サミュエル・R・ディレイニー。黒人、ゲイ、詩人、音楽(家)、創作/文学理論……。彼を表す言葉は数多く、その物語もひとつのカテゴリーには納まりきらないものです。今週は、そのディレイニーの想像力の宝石箱ともいうべき短篇集『ドリフトグラス』を紹介します。

『ドリフトグラス』 サミュエル・R・ディレイニー(国書刊行会・未来の文学)


●ディレイニーとは誰か? スペース開拓者としてのディレイニー

 1960年代にデビューし、ニューウェーヴ/スペキュレイティブ・フィクションの中心的作家サミュエル・R・ディレイニー。

 代表作は次々と浮かぶが、そのいくつかは長らく入手困難であった。では「役目を終えた」作家なのかといえばそんなことはない。2011年、『ダールグレン』が国書刊行会から2巻で出版されたことは記憶に新しい。1975年に発表された『ダールグレン』が約40年後の日本で翻訳されることは、ディレイニーの想像力の射程にこの現在も収まっている証左だろう。


サミュエル・R・ディレイニー『ダールグレン(Ⅰ・Ⅱ)』(国書刊行会・未来の文学)

 ニューウェーヴやスペキュレイティブ・フィクションといったカテゴリーになじみのない人でも、本書『ドリフトグラス』を通読すればそのイメージはつかめる。簡単に言えば、ニューウェーヴは「外宇宙(アウタースペース)から内宇宙(インナースペース)へ」、スペキュレイティブとは思弁。ディレイニーの作品には、もちろん宇宙にまつわるもろもろ(船、移民、開発、生命体)が登場する。これらはテクノロジーの延長でありながら、同時に、私たち人間の内面を映し出すものでもある。私たちの内部が宇宙という巨大なキャンバスに浸潤している。それもド派手にカラフルに。読者はおなじみのガジェット(SFアイテム)を堪能しつつ、私たちの内面へ思索をめぐらせる

 SF史的につけくわえておくと、内宇宙(インナースペース)のあとには、1970年代のフェミニストSFが開拓したジェンダースペースが続く。ディレイニーは黒人/ゲイであり、自身の人種/セクシュアリティは作品にも反映されている。フェミニストSF作家の代表格ジョアンナ・ラスとディレイニーは親交があった。さらに理論家としての顔もあるディレイニーは、霊長類学者のダナ・ハラウェイの「サイボーグ宣言」(1985年)への応答をし、このやりとりは日本オリジナルの評論集、巽孝之編『サイボーグ・フェミニズム』(初版91年、増補版2001年)にまとめられている。

 つまり、ディレイニーは、SFというジャンル内の宇宙(スペース)開拓者であるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

SF BOOK SCOPE

海老原豊

注目のSF関連新刊書籍を、いちはやくレビュウします。

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません