第7回 「英語が話せる」とは

日本人は語学に対して「できるか/できないか」というオール・オア・ナッシングの考え方を持っているように感じます。ところが、英語ネイティブは語学に対してまったく違う考えを持っています。――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる』から一部を公開します。

「正しい英語で話す」ことを目標にしている


 前項でも述べた通り、日本人は「もっと英語がうまくなってから話そう」と考えがちです。その裏には、「人前で下手な英語を話すなんて恥ずかしい」という気持ちがあるのでしょう。
 とくにビジネスの場では、「発音も文法も完璧に正しくなければ通用しない」と思っている人が多いようです。かくいう私も、英語の勉強を始める前は同じように考えていた1人でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

三木雄信

おそるおそる横目で隣を見ると、孫社長が唖然とした表情で私を見ています。英語ができないことがものの見事に露呈してしまったのです。「しまった、このままではクビになる……」――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません