第6回 インプット過多、アウトプット不足

英語のアウトプット力は筋力と同じで、意識的に鍛えないかぎり向上しません。 当たり前のことなのですが、このことに気づいていない学習者が意外と多いのです。――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる』から一部を公開します。「英語を聞き流しているうちに自然と話せるようになる」といった宣伝文句の英語教材もありますが、そんなことは絶対に起こらない。

インプットばかりで、アウトプットの練習が不足


 英語を勉強している日本人の多くは、インプットにとても熱心です。
 単語やイディオムをたくさん覚え、文法をおさらいし、辞書をひきながら英字新聞や洋書を読み、多種多様なヒアリング教材に取り組む……。
 でも、それほど一生懸命にインプットをしても、「使える英語」を身につける人がほとんどいないのはなぜでしょうか。
 それは、アウトプットの練習が圧倒的に不足しているからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

三木雄信

おそるおそる横目で隣を見ると、孫社長が唖然とした表情で私を見ています。英語ができないことがものの見事に露呈してしまったのです。「しまった、このままではクビになる……」――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません