第5回 日常会話のほうが実はビジネス英語よりも難しい

あれもこれもとさまざまな教材に手を出す人は少なくないと思います。しかしそれこそが「使える英語」がものにならない理由だと言ったら、皆さんは驚くでしょうか。――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる』から一部を公開します。

「ビジネス英語は日常会話より難しい」と思っている


「英語はできますか?」
「日常会話くらいなら……」
 私がソフトバンクの転職面接で孫社長と交わしたのとまったく同じ会話を、皆さんも誰かとしたことがあるのではないでしょうか。
 この場合、「ビジネスで使えるほどではないけれど、ごく簡単な英語くらいなら話せます」という意味で「日常会話」という言葉が使われるのだと思います。
 でも実は、ここに大きな誤解があります。
 なぜなら、日常会話の英語のほうが実はビジネス英語よりも難しいからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

三木雄信

おそるおそる横目で隣を見ると、孫社長が唖然とした表情で私を見ています。英語ができないことがものの見事に露呈してしまったのです。「しまった、このままではクビになる……」――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません