第4回 英語を勉強する目的

ただ「英語をマスターしたい」というような漠然とした目標では、最適な勉強法を見つけられませんし、モチベーションも維持できないでしょう。普通の人間は、体力も知力も使える時間も限られています。だからこそ、自分にとって本当に必要な学習にだけ集中しないと、目的を達成するのは難しい。――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる』から一部を公開します。

英語を勉強する目的があいまい

 いくら勉強しても英語がものにならないという人に欠けているのが、「英語を勉強する目的を明確にする」ということです。
「いやいや、『仕事で英語を使えるようになる』という目的がありますよ」と思うかもしれませんね。
 でも、それではあまりにも漠然としすぎています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

三木雄信

おそるおそる横目で隣を見ると、孫社長が唖然とした表情で私を見ています。英語ができないことがものの見事に露呈してしまったのです。「しまった、このままではクビになる……」――好評発売中の『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません