作家の誕生

雑誌の読者投稿によって開かれた「女性の時代」

猪瀬直樹さんの連載『作家の誕生』、いよいよ本編のスタートです。第1章は、「投稿」について。100年以上前、ようやく日本に「雑誌」が誕生したころ、その誌面の多くは「読者投稿」によって埋め尽くされていました。その中で投稿者たちがしのぎを削り合ったり、コミュニケーションをしたり。まるで現代のSNSのような世界がそこにありました。またそのことは、女性が世で活躍する時代の幕開けでもありました。

第1章 投稿という新しいネットワーク 1

二十一世紀は情報通信革命の時代と言われる。
だがインターネットに代表される新しいネットワークの原型は、
二十世紀初頭に形成されていたのである。
情報発信の意欲は、百年前もいまも変わらないのだ。
あの時代の青年たちは、自分の心、内面を、
どのようにして他者に伝えようとしたか。
新時代のネットワークを、どうつくろうとしたか。
産声をあげた雑誌を舞台に繰り広げられる作家たちの青春群像。
そこに〈未来〉を感じとることができないか。
物語は一九〇一年からはじまる……。

女学生の登場

新橋ステーションに汽車が到着すると、烏の群れのようにかたまっていた黒い集団がいっせいにはじける。

褌に黒い腹掛けの屈強な男たちが引く人力車が停車場の出口に殺到して客を奪い合い、石畳にがらがらと軋んだ音をたてながら四方へと散り、やがて再び黒い群れに戻るのである。

この日、車夫らの間で、女学生の客が多いことが話題になった。

朝から雨がそぼ降っていた。降っては止み、止んでは降った。神田明神の鳥居は濡れて光っていたが、境内の地面は薄く湿った程度である。

神田明神境内の東南側、見晴らしのよい崖のきわに開花楼という三階建ての洋館があり、和装袴姿の女学生たちが三々五々、集まりはじめたのは昼刻をまわったころで、女学生たちは、たいがいは長い髪を後頭部で二つの輪にまとめた桃割れ髷、なかにはポニーテイルで華美なリボンをつけたりする者もいる。海老茶の袴姿で、メリンス友禅の風呂敷包みを抱えている女学生、人力車で一気に急坂を乗りつける洋装の良家の子女……。

神田明神の氏子たち、境内を掃き清めていた土地の年配者たちは、何の催しか、と首を傾げ訝ったが彼女たちにはそんな無遠慮な視線を押し返す颯爽としたいきおいが感じられた。

この日、明治三十四年十月六日、開花楼で「誌友懇話会」という名のイヴェントが開かれた。主催者は隔週発行の『女子之友』の版元、東洋社であった。『女子之友』百号を記念して初めて読者参加の催しを誌上に広告したところ応募者が全国から殺到した。

『女子之友』の読者は単なる購読者ではない。この時代の雑誌経営の例にもれず投稿を主体に成り立っていた。したがって東京の良家の子女たち、地方名望家の子女たちが、和歌や随筆、あるいは樋口一葉をまねた擬古文の小説などを投稿する。投稿には特等や入選、佳作などのランキングが付された。佳作であろうと、自分が投稿した小品が掲載されているかどうか、雑誌が送られてくるやいなや胸をときめかせてページを開くのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
作家の誕生

猪瀬直樹

太宰治は芥川龍之介の写真をカッコイイと思った。文章だけでなく見た目も真似た。投稿少年だった川端康成、大宅壮一。文豪夏目漱石の機転、菊池寛の才覚。自己演出の極限を目指した三島由紀夫、その壮絶な死の真実とは……。『ペルソナ――三島由紀夫伝...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

hirarisa_ オフ会、あったんだ |作家の誕生|猪瀬直樹 https://t.co/8vYr1ZaGVQ 5年以上前 replyretweetfavorite

takurokoma "情報発信の意欲は、百年前もいまも変わらないのだ。あの時代の青年たちは、自分の心、内面を、 どのようにして他者に伝えようとしたか。" 5年以上前 replyretweetfavorite