エターナル・サンシャイン 
男は弱いよ

『エターナル・サンシャイン』は、思い出を消し去るという行為を通じて、一組の男女の関係を描き出す不思議な恋愛映画です。この切ない物語をブロガーの伊藤聡さんが、どのように読み解くのか? ご一読ください。

マイク・タイソンの不幸は、自分自身の感情を見つめることができなかった点にあるのではないか。『真相 マイク・タイソン自伝』(ダイヤモンド社)を読むと、このトラブル続きのアメリカ人ボクサーが、チャンピオンらしくあらねばならない、男らしくふるまわねばならないという強迫観念にとらわれ、ほんらいの性格・資質とは違う「ボクシング王者」を演じさせられていたことがわかる。おとなしく臆病で、動物の世話や読書が好きだった少年は、ボクシングの成功で名声と富を手に入れると、常軌を逸した蕩尽を始める。たくましいボクサー、マッチョな成功者のイメージをなぞることで、タイソンは自分自身の男らしさを証明しようとするのだ。

真相---マイク・タイソン自伝
真相---マイク・タイソン自伝

たくさんの女性と性的関係を持ち、どのような場でも尊大にふるまい、麻薬や逸脱行為でトラブルが絶えず、結果的には刑務所にまで入れられるタイソン。それがチャンピオンの態度であり、男らしさだという規範に引きずられた青年は、その後の人生において、取り返しのつかないほどに貴重な時間や財産、信頼を失った。彼の長い告白を読みながら、なぜもっと早く「自分はそのような性格の人間ではない」と宣言できなかったのかと悲しくなってしまう。もしタイソンが「僕は不特定多数の女性と性行為をするより、鳩の世話をする方が落ち着くんです」と認めることができていたら、別の人生があったのではないか。みずからを痛めつけるだけの「男らしさ」を拒否することは、なぜそれほどにむずかしいのだろうか。

スパイク・ジョーンズ、マイク・ミルズ、マーク・ウェブ、ミシェル・ゴンドリーといったミュージック・ビデオ出身の映画監督は、主にそのスタイリッシュな映像や、新鮮なデザイン感覚によって高い評価を受けているが、彼らの本質的な特徴はもう少し別の部分にあるようにおもう。彼らの作品に共通するのは、ステレオタイプな男性らしさやマッチョさを拒否し、みずからの感情に向き合って行動する過程を肯定的にとらえる傾向ではないだろうか。

ミシェル・ゴンドリー監督の『エターナル・サンシャイン』(’04)は、自己の内面や感情との距離感をていねいに描く点において優れている。本作の観客は、ストーリーを通してみずからの感情をポジティブにとらえ直すことができる。主人公の男性は、かつての恋人が、記憶を消去してくれる会社に依頼し、ふたりの恋愛に関する記憶をすべて消してしまっていたと知る。喪失と孤独に耐えかねた主人公は、くだんの会社を訪ね、自分の記憶も消去してもらえないかと訴える。かくして、記憶を失ったふたりの男女がそれまでの過去を取り戻していく過程は、ユーモラスでありつつ、胸を抉られるような苦痛をともなうものとなっている。『エターナル・サンシャイン』で描かれる、どこか情けない男性の姿は、ときに観客をいらだたせつつも、ふだん抑圧していた感情を解き放つ効果を持っているといえる。

エターナル・サンシャイン [DVD]
エターナル・サンシャイン [DVD]

『エターナル・サンシャイン』でまず目を引くのは、観客に対して感情の揺れを隠さない主人公の姿である。困惑し、涙を流し、みっともなく取り乱す姿こそが、本作の主人公を特徴づけるふるまいである。記憶消去というモチーフを通じて、心の深い部分にあるエモーションが前面に押し出される展開は、自分の感情など取るに足らないものではないかと考えてしまいがちな観客を刺激する。記憶消去サービスを提供する会社という設定は、作品にSF的な雰囲気をつけくわえつつ、主人公の喜怒哀楽を解放する舞台設定にもなっている。過去の記憶へとさかのぼりながら、悲しさ、悔しさ、恥ずかしさといった感情を自由に発露するストーリー構成は、「感情を表に出してはいけないのではないか」と無意識に自分を制限している観客へ、なぜそのように自分を押さえ込むのか、と問いかけているようでもある。多くの人にとって、みずからの感情を制御することは習慣になってしまっているように感じるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k40r1 『​ ー大好きな映画。初見ではめっちゃ泣いた。 5年弱前 replyretweetfavorite

Arihara_Yoshio あぁ...この映画はすごかった記憶が、観た後何も話せなかった記憶がある/『​ 5年弱前 replyretweetfavorite

campintheair たいていの人は感情を強く制御しているので、解放の仕方がわからないというか、そもそも自分が何を感じているのかよくわからなかったりする。そんなことを考えながら『 )読んでいただくと嬉しいです。 約5年前 replyretweetfavorite