それでも僕は、外科医をやめない

結婚できない男たちの患う病い

クリスマス、バレンタインと過ぎて、ようやく独身に優しい季節になってきました。しかし、雨月先生の周りにいる男性は、結婚できるのに、「しない」と言っている男性が多いそうで。そんな彼らを雨月先生が分析したところ、ある病気が発見されました。今回は、そんなお話です。


こんにちは。外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

暦の上では立春を過ぎたというのに、まだまだ寒い日が続きますね。東京では先日雪が降りました。こんなに寒いと、人肌が恋しくなります。手術だらけの毎日を送る私ですが、バレンタインに義理チョコを3つしかもらえずちょっと寂しい気持ちになりました。

そんな訳で、今回は結婚についてお話してみたいと思います。

私はアラサーをもうすぐ終え、アラフォーになろうとしているのですがいまだに独身です。バツもありません。

お医者さんってどういうわけかみんな結婚が早いので、病院にいると独身ということで肩身が狭いことこの上ないんです。

でも、プライベートの医者じゃない友人には、アラフォー独身男性がたくさんいます。彼らは一流商社に勤めていたり、海外赴任を点々としていたり、大学の先生をしていたり、起業して成功していたりと高いステイタスを持っていたりして。しかも見た目もけっこうカッコ良く、話も面白いし気が利く男性たち。

そんないわゆる「ハイスペック男性」がどうして独身のままなのだろうか?

私はずっと疑問に思っていました。

「結婚出来ないわけじゃなくて、遊んでいたいからしないだけなんでしょ」

「若い子好きで何年かすると新しい若い子にリニューアルしたいから結婚しないんだ」

そんな風に初めは考えていました。

でも、実は違ったのです。いろいろと話を聞いて分析しているうちに、私の職業病なのか、いくつかの「病気」を発見してしまいました。

まずは「選ばなければ結婚できる病」。

これはほぼ全ての独身ハイスペック男子が罹っている病です。基礎疾患です。

どういうことかと言いますと、「僕はね、こう見えても結構モテるから、選ばなければいつでも結婚出来るんだよ」という人。

確かにハイスペック男子は条件が良いので、結婚市場ではとっても強い。言い寄ってくる女性は少なくありません。

でもここには大きな落とし穴があって……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Barbara_Mass 長女以外では全部条件から外れているのに 乳首ピンク病の男子は早く死んでしまうか、治癒して私を迎えに来て! 愛する人なら親の介護だってやるわよ! #メッツェンバウム #乳首ピンク系病 https://t.co/VZRXzBvX0S 約1年前 replyretweetfavorite

asahinoyona ちょいとこの記事面白い 約1年前 replyretweetfavorite

shirakawatouko 婚活中の女性たちはこのハイスペック独身男性たちにはひっかからないようにね・・・ 3年弱前 replyretweetfavorite

1988naoto 現実を思いしれ! 3年弱前 replyretweetfavorite