〆切」の使い方次第で生産性は劇的に変わる

なかなか〆切が守れないという悩み、「心理的〆切」だけを設定しているのが原因かもしれません。
「ゴースト暗算」という画期的な暗算法を開発した、異色の教育家・岩波邦明さんが、生産性を劇的に向上させる「物理的〆切」の使い方をお伝えします!

心理的〆切と物理的〆切

 前回の連載の後半で〆切の話をしましたが、〆切には二つの種類があることをまず知っておいてください。

 ひとつは「心理的〆切」で、二つめが「物理的〆切」です。

 心理的〆切とは、自分の頭の中だけで「いつまでに終わらせよう」と思っている気持ちのうえだけのものです。それに対して物理的〆切は、納品日あるいは受験日などが実際に設定されているものです。

 この両者の違いは、「他人」がいるかいないかです。

 心理的〆切では、設定した〆切を知っているのは自分だけなのに対して、物理的〆切では、誰か他の人が関わっていて〆切を待っています。

 そうした状況を考えても、有効なのは物理的〆切のほうになります。

 自分の中だけの心理的〆切には、まったく効果がありません。

 自発的に〆切をつくる際にも、他人の存在が必要になるということです。

 自分の頭の中だけにある〆切を破ったとしても、実害はないので、作業を頑張るための原動力にしかなりません。もちろん、意思の力が強ければ、それを守って最後まで作業をやり通せるわけですが、そもそもそういう人は、〆切がなかったとしてもちゃんとやれるタイプです。

 〆切を必要とするのは、〆切がなければだらけてしまう人だからともいえます。だからこそ、自分の中だけでなく他人を介入させることに意味があるのです。

デッドラインを守れるか守れないかの違い
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ゴースト暗算」を生んだ、東大医学部式・知的生産法

岩波邦明

シリーズで累計65万部を超えるベストセラーとなった「岩波メソッドゴースト暗算」という2ケタ×2ケタの独自の暗算方式を考案した、東大医学部出身の教育家・岩波邦明さん。岩波さんが実践する、短期間で最大限の成果を出すためのメソッドを公開。仕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません