ざわちんは板野友美を止めてはいけない

目と眉だけで有名人の真似るメイクが話題になり、一躍時の人となったタレントのざわちん。もともとSNSなどで騒がれていた彼女が、いよいよテレビに出始めたわけですが、どうにもうまくいってない様子。なんとか芸能人として一旗あげようと、必死にアピールを続けている彼女は、この先どうすればいいのか。武田砂鉄さんがアドバイスします!

「無力な自分への苛立ち、だろうか」

2週間ほど前に放送された『情熱大陸』は、ネパールでオーガニックスキンケアブランドを運営しながら、傷ついたネパール人の女性たちにメイクを施し、笑顔を取り戻してもらうプロジェクトを行なっている女性起業家・向田麻衣さんを追っていた。人身売買で村に連れてこられた女性が、はじめての化粧に色めき立っている。しかし向田さんはカメラに向かって「やみくもに『化粧が世界を変えるんだ』とは口が裂けても言えない」と言葉を選んで譲歩している。おそらくこれまでも「そんなことして意味あんの?」と投げやりな批判を受けてきたのだろう。現地の女性に化粧をする彼女を映しながら、例の調子でナレーションがかぶさる。「2年前はただ無心だった向田の様子に、今は微かな憂いがある。無力な自分への苛立ち、だろうか」。

秘伝の濃厚ソースで同じ味にする『情熱大陸』

この番組は時折、飲んでいたコーヒーをぶちまけそうになるナレーションを入れる。「無力な自分への苛立ち」を勝手に仮定し、「だろうか」という断定と推量が交じり合う語尾を付着させると、あの落ち着いたナレーションも相まって、不思議と断定として響く。外から必要以上に物語を投与したくなるのは制作者の常なのだろうけど、物語を軸から変えてしまう働きかけはとても気になる。丁寧に、静かに、川を漕いできたところに、わざわざ人工的に波を起こすような言葉遣い。「すごいことやってる人も、色々葛藤しているんだ」という当たり前の結論に帰着させたがるこの番組は、時として、抱えている葛藤という具材に、とっても雑な味付けをする。秘伝の濃厚ソースで同じ味にしてしまう。

ざわちんの「モラハラ破局」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

machidamachiko 「…思いついた途端に「内」から次々と提出してくる人たちが増えてきた。…でも熟成前に出しちゃうそれぞれは、やっぱりじっくりは味わってはもらえない。」モヤモヤをスッキリ言い換えてくれる人に久々に会った: 約4年前 replyretweetfavorite

takedasatetsu cakes連載で、 約4年前 replyretweetfavorite

pochakawanon 流行りのサイクルが早くて熟成している時間がない。納得。出た時から消える心配… 約4年前 replyretweetfavorite

ONO323 ”ものまねタレントのコロッケが、長年、無断でものまねをしてきた岩崎宏美に謝りに行くという番組を観た” ” 約4年前 replyretweetfavorite