優しくしてくれた彼女……これって恋ですか?

高校の美術史の時間。牧村朝子さんが授業を受けていると、先生が急に「恋人同士がなぜ見つめ合うか知ってますか」と問いかけてきたのだとか。当時は「履修登録を取り消したい」とすら考えたという牧村さんですが、今振り返ると、先生の答えが図星すぎたから腹がたったのではないかと思うそうです。今回ご紹介する投稿は、自分に優しくしてくれる相手に対して、恋をしているのか分からないという女性からのお悩み。はたして、美術史の先生の問いかけと、どう関係してくるのでしょうか?

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「恋人同士がなぜ見つめ合うか知ってますか」

高校の選択科目、美術史の時間。授業にしては浮いた問題を、先生はいたって真面目に投げかけてきました。

受講生たちは(えっ……)みたいな顔して押し黙っています。私も無言で思いました。(いいから授業しろよ)と。誰も何も言わないのを見てとると、先生は続けて、こう言いました。

「それはね、うっとりしているからですよ。相手の瞳に映る自分に」

……

私は思いました。

「ハァァァァァァァァァ!?????????????」

激怒した私は授業後、担任の先生に突撃しました。

そして「あの授業は美術史ではなく先生のハイパードヤ顔タイムでしかない、履修登録を取り消したい」との旨をかなり汚ねぇ言葉づかいで叫び散らかしました。

お恥ずかしいわ。今は感謝しています。その授業をなさっていた美術史学者の宮下誠先生こそ、こういう「恋とは」みたいな、学校を出て大人になっても考え続けてしまうような問題を(多少美術史から話がそれても)投げかけ続けてくださった“一生モノの先生”なのですから。

先日重版した私の著書「百合のリアル」第7章も、宮下先生が語った「妖怪の正体とは」という話に着想を受けています。よかったらそちらもぜひ、買って読んでネットで高評価レビューを書いて地元図書館にリクエストしてください。出版社のサイトで試し読みもできますよ!


「百合のリアル」試し読み版46ページより

……という便乗宣伝を終えたところで、さっきの問題に戻りましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tokyoheadr 上記のオススメ哲学本📚 は高校時代に読んだ本なのですが、全て恩師の課題図書でした。 ウィトゲンシュタインの回では デレク・ジャーマンの映画を観せてくれるような。そんな人でした。 カント、キルケゴール、ハイデガーも好き。 https://t.co/1jkKkC9ocb 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tokyoheadr https://t.co/1jkKkC9ocb 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kigocochi 相手の寂しさを埋めるために自分ができることってなんだろう?その発想の源が愛ってやつなんですよね  約4年前 replyretweetfavorite

mete0r1925 急に宮下誠先生の名前が出てきてびっくりした。> 4年以上前 replyretweetfavorite