傷口から人生。

飲み会が嫌で嫌で仕方がない

大学を卒業し、WEB系の会社に入社した小野美由紀さん。度々開催される「飲み会」は、誘われたら行くものの、自己嫌悪から落ち込んでしまうばかりで全く好きになれなかったのだそうです。そんな時、ある精神科医の本によって、新しい世界を見つけるヒントを得ます。その本には、どのようなことが記されてあったのでしょうか。『傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった 』(幻冬舎)の内容の一部をcakesで特別公開します。

 大学を卒業してから2年後、運よく離島経済新聞社という小さなWEBの会社に拾ってもらった頃のこと。当時アシスタントをしていた、女社長の鯨本いさもとさん(大分出身)にこんなことを言われた。

「25歳まで、誘われた飲み会は全部、断らないで行くようにしてたけん」

 私は20代の前半、飲み会が苦手で苦手でしょうがなくて、せっかく誘われた飲み会も、ぎりぎりになって急に嫌になってドタキャンしたりしていた。そのせいか「まともな」人付き合いを覚えるのが、だいぶ遅れてしまったのだが、社会人の切れっ端になった今、それを取り返すがごとく、鯨本社長の訓示を遵守し、誘われた飲み会は、全部行くようにしている。

 ところが。

 飲み会に参加すると、その場は楽しいのだが、その後、ひどく落ち込むのだ。

 多くの人と話したあとの、あの落ち込み。

 飲み会から帰って来て、へべれけな状態で鏡の中の自分の姿を見たとたん、取り憑いたものがすっと離れるように上気した気分がそがれてゆく。飲んではしゃいで楽しく過ごせたはずなのに、次の日、前借りしたものがどっしりと返ってくるように、疲れが残って布団から出られなくなったりする。

 別に、人と話すのが嫌とか、酒が嫌いとかではない。それなのに、楽しそうに話し、オーバーリアクションでへーとかほうとかあいづちを打ち、場の対流を崩さないように、かき混ぜてかき混ぜてかき混ぜて盛り上がった飲み会ほど、すごく疲れる。内臓に、どすっと来るような疲れがいつまでも取れない。

 この「コミュニケーション・リバウンド」とも呼べるような疲れに、対処のしようがあるのかどうか。

 知り合いに聞いたら、

「飲み会がある時は、2~3日前から精神統一してコンディションを整え、それでもしんどくて、でもどうにかして行かないといけない時は、レッドブルを2、3本がぶ飲みしてから行く」と言っていた。

 それはただの寿命の前借りである。却下。

 なんでだろう。なんで自分は大勢の場に適応できないんだろう。そう思っていたら、精神科医の名越康文先生の本に、ヒントがあった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
傷口から人生。

小野美由紀

中3で自傷&不登校。大学に馴染めず仮面浪人。留学、TOEIC950点、インターン等々の無敵の履歴をひっさげ大企業の面接に臨んだのにパニック障害に! 数々の困難にぶつかってきた女子、小野美由紀さんの衝撃と希望の人生格闘記『傷口から人生。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Miyki_Ono 飲み会で社会性を求められたら即座にこのURL貼って逃げたい 4ヶ月前 replyretweetfavorite

_______tomo わかる。内向的な人にとって 2年以上前 replyretweetfavorite

mi_days “飲み会に参加すると、その場は楽しいのだが、その後、ひどく落ち込むのだ。”わかる。 約3年前 replyretweetfavorite

moxcha 腑に落ちる感じ 3年以上前 replyretweetfavorite