巨匠・魯迅が痛烈に批判した漢方の迷信

『阿Q正伝』、『狂人日記』などで有名な中国の大文豪・魯迅。彼の父親は、名医が処方した漢方で必死に看病をしたにもかかわらず、亡くなってしまったそうです。それ以来、魯迅は、皮肉たっぷりに批判した小説を書くほど、漢方に批判的になったのだとか。今回は、魯迅の父親の治療に使われた「敗鼓皮丸」という漢方薬をご紹介します。実はこの漢方、かなり古くから効能がある薬として服用されていたようで……。

服用前の注意「過剰な想像力が徒労に終わることもある」

日本で文豪と言えば夏目漱石。中国で文豪と言えば間違いなく魯迅です。

その魯迅の作品に『父の病気』という小品があります。この作品には次のようなことが書かれています。

魯迅の父親は魯迅が少年のころに重い病気にかかっていました。

当時、魯迅の生家の家計は悪化してはいましたが、祖父が高級官僚であった縁で、地元で名医と言われている医師に診療してもらいます。

しかし病気は悪化してしまいます。ひとり目の医師は、自分の手には負えないと覚り、別の医師を紹介します。

二人目の医師は、奇妙な漢方薬をいくつも処方します。

そのうちのひとつが、今回紹介する「敗鼓皮丸バイグーピーワン」です。


『集古十種 楽器之部 上』松平定信 編(国立国会図書館デジタルコレクションより)

その後の経過

ふたり目の医師の治療も効果がなく、魯迅の父親は亡くなってしまいます。

魯迅は父の死後、日本に留学して西洋医学を学び、さらに文学者に転じます。

それだけに「敗鼓皮丸」に対する魯迅の評価は皮肉に満ちています。

魯迅の父親の病気は全身がむくみ、腹水が溜まって腹が膨らむ病気でした。このような病気を漢方用語では「鼓脹こちょう」と言います。

この「鼓脹」という病名(西洋医学では「症状」と呼ぶのが正確ですが漢方では「病名」の一種です)は、「太鼓のようにふくらんでいる」という意味です。

敗鼓皮丸は文字通り「やぶれた太鼓の皮」で作ります。太鼓が古くなると、たたいているうちに皮が破れてしまうようで、そのような破れた皮を保存しておいて、薬として利用したようです。

魯迅は、お腹が太鼓のようにふくらんでいるから、やぶれた太鼓の皮が使われた「薬」を使えば治るという、名前からの連想にすぎないと批判しています。

魯迅は少年時代の看病の体験を振り返って、漢方に対する強い猜疑心を持つに至りました。魯迅ほど尊敬されている人が漢方に疑いの目を向けたことは、現在に至るまで大きな影響を残しています。今でも中国の漢方反対派は「魯迅も反対していた」と引用するほどです。

魯迅も知らなかった効能

敗鼓皮という奇妙な薬は、実はかなり古くから使われていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全

村上文崇

近年、すっかりメジャーな療法として知られるようになった漢方。生理痛や不眠症など、さまざまな症状に効く伝統的な東洋医学として認知されています。けれど漢方には、知られざるもう一つの顔があるそうで……。養生医学研究協会の会長にして、上海で現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_mayuchel_ 笑。魯迅は現在の東北大医学部に留学経験もあるので、なおさらだろうな→ 5年弱前 replyretweetfavorite