第5回】イケメン棚橋、スイーツ真壁etc.新たなレスラー像

逆境を乗り越え新世代スターが誕生した。

 女性やファミリーといった新たなファンを獲得するため、肝心要の“商品”である選手の質やラインアップにも磨きをかけている。

 先頭に立ったのはエース・棚橋だ。鍛え抜かれた肉体と甘いマスクのイケメンキャラを自ら開発。試合の合間に地方のラジオ局を回ったり、ファンとの握手会や撮影会を開催したりするなど、全国で地道なプロモーションを展開、新たなレスラー像を構築した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
死の淵から這い上がった 新日本プロレス 復活!

週刊ダイヤモンド

新日本プロレスが今、アツイ。格闘技ブームに押され、内部混乱に陥った“暗黒期”を乗り越え、年間観客動員数は28万人に急回復している。倒産寸前の危機的状況から、奇跡的に復活を遂げた舞台裏に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kalokairi_Lykos イケメンかー。しばらく見ないうちに棚橋も真壁もチャラくなったなー^^; 私は天コジ、みのる好き♪/イケメン棚橋、スイーツ真壁etc.新たなレスラー象| 5年以上前 replyretweetfavorite