母音を制する者は発音を制するのだ!

英語の発音をきっちり覚えたい人は、母音からスタートしましょう。母音の発音こそが、日本語と英語の発音を大きく隔てるものなのです。

 英語の発音といえば、LやRの発音だったり、イントネーションの違いなどが問題だと思われがちです。そしてそれは確かに問題な部分ではあります。しかし、日本人の英語の最大の問題は「母音の発音」なのです。母音がしっかりと発音できれば、日本人の発音は格段に向上するのです。

 では具体的に、どのように母音の発音がダメなのでしょうか? 問題は大きく3つに分けられます。  まず、ひとつ目の問題は「英語の母音 a, e, i o, u」と日本語の母音「あ、い、う、え、お」は、似て非なるものだという認識の欠如です。英語の a と日本語の「あ」は決して同じではありません。「a、あ」はまだそれでも近いほうですが、「u, う」などはずいぶんと異なっています。今日はこの辺りを詳しく解説しましょう。

 2つ目の問題、「それは母音のないところに母音が入っている」という問題です。この連載でも何度か指摘しましたが、カタカナやローマ字、そして和製英語などの弊害により、僕らは母音が入っていないところに入れてしまう癖がついています。例えばマップの英語のスペルはmap ですが、マップをローマ字書きすると、「mappu」となり、語末に必要のない「u」の音が入ってしまいます。マクドナルドはMcDonalds のはずなのに「makudonarudo」と、いくつも不要な母音が入ってしまっています。こうした不要な母音を取り除くだけでも、発音が格段に明朗になります。

 3つ目の問題、それは、母音が落とされてしまっている、あるいは明朗に発音されていない、という問題です。例えば、skip と言いたいとしましょう。これをネイティブが発音すると、i の音が実にはっきり聞こえてきます。ところが、日本人が発音すると、この iの音がすっかり弱々しくなってしまうのです。英語のネイティブ・スピーカーが日本語を覚えると、「ワ〜」と母音がやたらとはっきり発音されますが、英語のでの母音の発音というのは、そのようなものなのです。母音を出すべきところではとにかくハッキリ!と発音すること。これが英語をきちんと英語らしく聞かせるための大きなコツの一つです。

それでは実際に練習してみよう
 どの母音にも共通する大切なポイントが一つあります。それは、喉の深い部分から発声する感覚です。日本語ではほとんど意識しない感覚です。この感覚こそが、英語の母音と日本の母音の音の質を大きく隔てているのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tama_3 ネットサーフィンしてたら興味深い記事に遭遇しましたので。UTAU英語音源の作成考えてる方には有用じゃあないかと。  約4年前 replyretweetfavorite

Kei_Kay @matsuhiro これ私が小学生の時に通っていた英語塾の先生のご指摘そのままです。私は結構いい発音出来ていて社会人になってからも英会話スクールでネイティブからほめられるレベルだったのに中学で日本人英語教師から矯悪させられ(続く) http://t.co/T3dDm6thOB 4年以上前 replyretweetfavorite

Mari_none_ https://t.co/4EOtuAVXct 4年以上前 replyretweetfavorite

mikisenseitweet 動画がすごくわかりやすい! 4年以上前 replyretweetfavorite