遠く離れたミャンマーに感じる日本の原風景—津田直「NAGA」展

国内外を問わず、各地へ赴き、さまざまな光景を写真に収めてきた写真家の津田直さん。東京・恵比寿にある「POST」では彼の写真作品の個展、「NAGA」展が現在、開かれています。今までは対象をしっかりと定めて、1枚の写真を仕上げていた津田さんですが、今展で観られる写真からは「動き」が強く感じられるそう。今回、津田さんはミャンマーの北西部へと赴き、どのような方法で写真を撮られたのでしょうか。

東京・恵比寿駅から少々歩くと現れるのが、ヴィジュアル本を主に扱う書店にギャラリーが併設された「POST」。いま展示がおこなわれているのは、「NAGA」展。津田直による写真作品の個展です。

津田直は、国内外を問わず各地へ赴き、さまざまな光景を写真に収め、作品をつくってきました。思い定めた場所へ赴き、そこへ身を置き、人々と触れ合い、周囲のものごとをよく見て、対象をしっかりとつかんで一枚の写真を仕上げる。それが津田の創作でした。

ところが、今展で観られる写真は、すこし様相が異なります。いつもの静的なイメージではなく、「動き」が強く感じられるのです。作家が歩きながら空間を感じ取っている、その息づかいが伝わってくるような写真です。そう、今回は、フィールドワークを通しての作品であるといいます。

撮影地はミャンマーの北西部、ザガイン管区というところです。インドとの国境付近で、ここにはナガ族と呼ばれる人たちが住んでおります。山で獲物をとったりしながら、赤と黒を基調とした民族衣装に身を包んで暮らしています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません