SF BOOK SCOPE

妻の巨大化が止まらない—吉村萬壱『臣女』

介護の現場を扱った小説は数あれど、本書は異色中の異色。なんといっても、その相手は巨大化した妻なのだから――介護の現実を不条理な味付けで仕上げた、異端の巨人妻介護小説をレビュウします。


『臣女(おみおんな)』吉村萬壱(徳間書店)

 介護の現場には、さまざまなものを失いつつある人々と、それを補い寄り添おうとする人々が集まる。記憶、言語、感情、身体機能……疑いもなく人間だと思っていた者からいくつかの要素が抜け落ち、なお残るもの。そんな存在と向き合い続けるとき、人間とは何かという根源的な問いが浮かび上がる。

『臣女』は、巨大化する妻を介護する男の物語だ。言葉や記憶だけではなく、人としての形さえも失ってゆく妻。単なる巨女ではなく、バランスの崩れたいびつな女。ひたすら食べて排泄する一本の巨大な管である“臣女”。SFやホラーには、介護の現場を扱ったものも巨人や巨大化を扱ったものも数多い。しかし本書はそのどれとも似ていない、異端の巨人妻介護小説である。


 妻の巨大化が止まらない。体長はすでに三メートルを超えている。きっかけは3カ月あまり前のクリスマスイブ。高校に非常勤講師として勤める傍ら、作家としても細々と作品を発表している “私” は、若い愛人の部屋で情事に耽っていた。そして深夜に帰宅した私を迎えたのは、和室の窓ガラスにへばりつくように立つ妻・奈緒美。翌日にまで及ぶ問答の末、私が不倫を告白した夜から、奈緒美の巨大化が始まった。

 まず異音とともに骨が部分的に成長し、肉が裂け痣が浮かぶいびつな姿になる。巨大化した頭や尻には、謎の寄生虫が湧く。その後、各部が急速に成長して徐々に人体としてのバランスを取り戻す。しかし大量の食事と排泄を経て、再び巨大化が始まり……その繰り返しだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

SF BOOK SCOPE

香月祥宏

注目のSF関連新刊書籍を、いちはやくレビュウします。

関連記事

関連キーワード

コメント

mar_0520 https://t.co/KCxcC3AkBY めも 3年弱前 replyretweetfavorite

Y_KATSUKI もうすぐ無料期間終わると思うので改めて。  5年以上前 replyretweetfavorite

japanet747 作家さまご本人にリツイートされ恐縮 QT ナニコレ(o^ O^)シ彡☆ #SF 5年以上前 replyretweetfavorite

_ten_ki これを読んで、映画「ギルバートグレイプ」の主人公の母を思い出す。 https://t.co/UzlgC5JxU7 主人公ギルバートグレイプの役はジョニデ。 弟役アーニーはデカプリオなんだよな。デカプリオ本物だったよ。 5年以上前 replyretweetfavorite