第4回】5億円で買収した価値ここにあり。試合の興奮冷めやまず!コンテンツのマルチユース

今後さらなる成長も見込まれる新日本プロレス。ライブビジネスが脚光を浴びる現代にはもってこいの存在である。

 カードゲーム主体のブシロードに株式譲渡され、大量の宣伝広告展開をした新日本プロレス。その次に打った手は観戦方法を広げたことだ。

 従来は会場に足を運ぶか、テレビの深夜番組を見るくらいしか選択肢はなかったが、ニコニコ生放送などで放送し、どこにいてもリアルタイムで見られる環境を整えた。また、全国の映画館でのパブリックビューイングも開催した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
死の淵から這い上がった 新日本プロレス 復活!

週刊ダイヤモンド

新日本プロレスが今、アツイ。格闘技ブームに押され、内部混乱に陥った“暗黒期”を乗り越え、年間観客動員数は28万人に急回復している。倒産寸前の危機的状況から、奇跡的に復活を遂げた舞台裏に迫る。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません