第0回:イングレス(Ingress)、どこまでご存知ですか?

携帯端末の位置情報を使い、現実世界で大規模な「陣取り」を楽しめることで話題を集めるオンラインゲーム「イングレス(Ingress)」。このゲームの背後に壮大なSF設定が隠されていることはご存知でしょうか? 日本ではほとんど紹介されていないイングレスのバックストーリーについて、元SE、元コンシューマーゲームプランナーの作家・土屋つかさ氏が解説します。

■イングレスとはなにか

The world around you is not what it seems. (貴方の周りに見える世界は、見たままとは限らない)

 最近徐々に話題になりつつある「イングレス(Ingress)」をご存知でしょうか? 知らなくても問題ありません。いや知らない方は幸福です。これから知ることができるのですから。

 イングレスはGoogleの社内スタートアップベンチャー「Niantic Labs.」によって開発・運営されているAndroid/iOS両対応のオンラインゲームです。Android版は2013年11月5日、iOS版は2014年7月14日にリリースされました。βテストからは既に2年以上が経過しています(イングレスの誕生日は2012年11月15日)。

 イングレスの最大の特徴は「位置情報を使ったゲーム」という点です。

 イングレスでは全てのプレイヤーがレジスタンスと呼ばれる青陣営か、エンライテンドと呼ばれる緑陣営に属し、世界中にあるポータルと呼ばれる物体の所有権を奪いあいます。このポータルは現実世界に実際に存在する物体と対応しており、所有権を手に入れるためには実際にそのポータルの近くまでプレイヤーが「物理的に」移動しなければならないのです。

 そして、所有権を得たポータル同士をアプリ上で繋ぎあわせ、3つのポータルを繋いで三角形を作れると、その領域が各陣営の支配下にあるとみなされます。この三角形の総面積を、レジスタンスとエンライテンドのどちらがより多く獲得できるか、全世界にいるプレイヤー(イングレスではエージェントと呼びます)が競争している。これが、イングレスなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

SFとしてのイングレス その隠された物語

土屋つかさ

携帯端末の位置情報を使い、現実世界で大規模な「陣取り」を楽しめることで話題を集めるオンラインゲーム「イングレス(Ingress)」。このゲームの背後に壮大なSF設定が隠されていることはご存知でしょうか? 日本ではほとんど紹介されていな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nyahgo 読んでる→ 5年以上前 replyretweetfavorite

syunntakosu1011 ingress始めてみた。 https://t.co/pSJbUsNsFj 5年以上前 replyretweetfavorite

32k8uto 土屋先生による背景解説連載。先が楽しみ。 6年弱前 replyretweetfavorite

SasakiTakahiro 「貴方の周りに見える世界は、見たままとは限らない」。 6年弱前 replyretweetfavorite