ライトノベル第1号? 平井和正『超革命的中学生集団』

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です!(週1回更新)

 というわけで、今回は、平井和正のジュヴナイルSF長篇『超革命的中学生集団』について。


 この小説は、もともと「革命的中学生集団」のタイトルで旺文社の学習雑誌〈中一時代〉1970年4月号~10月号に連載されたのち、朝日ソノラマのジュヴナイル小説叢書〈サンヤング〉シリーズから、71年9月に単行本化された。雑誌連載時には “読者参加小説” という謳い文句で読者のアイデアを募り、実際、全7回のうち、第2、第3、第5、第6回は、読者の原案を小説にとりいれているらしい(現物未確認です、すみません)。


 その後、74年6月にはハヤカワ文庫SFから、76年9月には角川文庫から再刊されたほか、2000年にe文庫からpdf版が発売。現在はKindleストアでも買える。

 03年には『超人騎士団リーパーズ』と改題のうえ、大幅な改稿をほどこしたバージョンが講談社〈青い鳥文庫fシリーズ〉から刊行。05年にはその中国語訳まで出ている(北岳文芸出版社・亜洲精霊級文庫)。


 初刊の〈サンヤング〉はのちのソノラマ文庫につながる中高生向けハードカバー叢書で、69年から72年にかけて、全37冊を刊行。光瀬龍『北北東を警戒せよ』『暁はただ銀色』『SOSタイム・パトロール』、福島正実『地底怪生物マントラ』などSFジュヴナイル名作群のほか、辻真先のミステリー『仮題・中学殺人事件』や、一世を風靡した小林信彦の『オヨヨ島の冒険』、井上ひさしの『ブンとフン』、さらにはTVドラマ(『からくり儀右衛門』)や漫画(『佐武と市捕物控』『どろろ』)のノベライズまである多彩なラインナップ。中高生向け娯楽小説のツボをみごとにおさえているが、その中でも異彩を放つのがこの『超革中』だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ogawab ラノベ1号とされるのは『超革命的中学生集団』なので、新井素子を遡ること約10年前、1970年初頭からラノベ(的なもの)はあったのでした。https://t.co/Q2h3gsyv8U 1年以上前 replyretweetfavorite

noborikiru 「超革中」でヨコジュンとアトラス鏡明を世に出した(中学1年生限定)平井和正だが、ヒットマン林石隆主役の映画は実現しなかった。 高度に発達した気遣いは、気違いと区別がつかない https://t.co/3p285AEiM6 大森望 https://t.co/Arsr0vKnKb 1年以上前 replyretweetfavorite

hirac80 #みんなの初ラノベ教えてよ 旺文社中一時代連載の平井和正先生「超革命的中学生集団」かな… ちなみに表紙の女の子は元祖男の娘 ^_^; https://t.co/j6ICaftTUY https://t.co/XuLJYBmyH0 約2年前 replyretweetfavorite

theuzing まぁ、持ってましたけどねw 4年以上前 replyretweetfavorite